CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう♪ ⇒ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

2010年 05月 16日(日) - 村内のぶひろ

写真: 八王子・鑓水の絹の道(シルクロード)
05.三多摩・八王子 , 12.写真・花鳥風月全一覧(バックナンバー)

photo_hachioji_silkroad_01.jpg
世界遺産・斎場御嶽の「久高遥拝所」みたいな雰囲気です!

photo_hachioji_silkroad_02.jpg
使用カメラ: OLYMPUS PEN Lite E-PL1 使用レンズ: M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
八王子・鑓水の絹の道(シルクロード) 
 
 
皆さ~ん
僕のぶひろが住む東京都八王子市に
「シルクロード」があるのを知ってますか?

シルクロードって、あの平山郁夫さんのシルクロード??

とお思いのあなた。間違ってます(笑い)
 
 
シルクロードはシルクロードでも、
八王子のシルクロードは「絹の道」と呼ばれていて、
明治時代、輸出用の生糸が運ばれた道で、
今もその当時の面影が残っているんです。

絹の道は、“浜街道―鑓水峠越”として
文化庁選定の「歴史の道百選」に選ばれていますし、
八王子市が定めた「八王子八十八景」にもなっているんです!
 
 
横浜開港~鉄道が発達する明治時代中頃まで
八王子の近郊を始め、山梨、群馬、長野などで
生産された生糸が、八王子宿に集められ、
この絹の道を使って横浜港に運ばれたそうです。
当時、生糸はにほんの輸出品の花形でした。


僕のぶひろは、
新緑がまぶしいこの季節を逃す手はないと思って、
愛機・PEN Liteを首にぶら下げて、
絹の道を歩いてきました。

鳥がさえずり、うぐいすが歌い、
そよ風がやさしく通り過ぎていきました。

まばゆい緑に包まれて、
しばし喧騒から離れた僕は
最高の気分でした。

僕が PENで撮った写真です、この間の
あったかホールの圧倒的新緑に負けず劣らずすばらしいです☆
どうぞご覧ください。


photo_hachioji_silkroad_03.jpg

photo_hachioji_silkroad_04.jpg

photo_hachioji_silkroad_05.jpg

photo_hachioji_silkroad_06.jpg

photo_hachioji_silkroad_07.jpg

photo_hachioji_silkroad_08.jpg

photo_hachioji_silkroad_09.jpg

photo_hachioji_silkroad_10.jpg

photo_hachioji_silkroad_11.jpg

photo_hachioji_silkroad_12.jpg

photo_hachioji_silkroad_13.jpg
 
 
 

photo_hachioji_silkroad_14.jpg
絹の道資料館

絹の道と生糸商人(鑓水商人)の関係や、
製糸・養蚕に関する資料が展示されていました。
そんなに広くないので、逆にひとつひとつを
しっかり見ることができました。
とてもわかりやすく展示されています。

(展示室ごあんないより)
本日はようこそ「絹の道資料館」へいらっしゃいました。

その昔、日本がまだ東洋の小国であった頃、
多摩丘陵の一寒村にすぎなかった鑓水村(やりみずむら)が、
遠くアメリカやヨーロッパから、「江戸鑓水」と
注目を浴びたことがありました。
それはこの村から、生糸の貿易に携わる多くの商人が
出てきた事によるものでした。

山間の小さな農家の片隅で引かれた細い生糸は、
太い束となり、大きな荷駄(にだ)となって、
「絹の道」を通り抜け、港へ集められ、
世界へ旅立って行ったのです。

当館では、幕末から明治にかけて、
「絹の道」を舞台に、
生糸と生糸にかかわった人々のドラマを、
いくつかの資料により解説しています。


photo_hachioji_silkroad_15.jpg

photo_hachioji_silkroad_16.jpg

●絹の道資料館
東京都八王子市鑓水 989-2
電話番号 042-676-4064
駐車場 7台(大型バスは入れません)
入館料 無料
休館日 月曜日(祝日と重なる場合は翌火曜) 、年末年始
開館時間  3月~10月 午前9時から午後5時
開館時間 11月~ 2月 午前9時から午後4時30分
 
 
(参考)
多摩丘陵をハイキング(多摩ニュータウンができる前の里山・緑地の原風景)
 

▼僕が PENで撮った“八王子八十八景”
八王子八十八景 一覧 (東京都八王子市)
八王子八十八景 32. 六本杉公園湧水池
八王子八十八景 87. みずき通り
八王子八十八景 37. 絹の道(シルクロード)
八王子八十八景 39. 広園寺
八王子八十八景 27. 多摩川の景観(平の渡し)
八王子八十八景 75. 八王子市役所
八王子八十八景 40. 極楽寺
八王子八十八景 86. マルベリーブリッジ(桑の橋)
八王子八十八景 16. 栃谷戸公園
八王子八十八景 82. 多摩都市モノレール
八王子八十八景 79. 桑並木通り
八王子八十八景 36. 大久保石見守長安陣屋跡
八王子八十八景 63. 甲州街道の老舗
八王子八十八景 69. 高尾駅駅舎
八王子八十八景 77. 高尾みころも霊堂
八王子八十八景 45. 真覚寺
八王子八十八景 35. 円通寺(圓通寺)
八王子八十八景 07. 高月町の田園風景(田植風景)
八王子八十八景 18. 富士森公園
八王子八十八景 43. 金剛院
八王子八十八景 46. 相即寺(ランドセル地蔵)
八王子八十八景 38. 桂福寺
八王子八十八景 33. 安養寺
八王子八十八景 02. 今熊山
八王子八十八景 23. 今熊山・金剛の滝
八王子八十八景 17. 長沼公園
八王子八十八景 84. 西放射線ユーロード
八王子八十八景 21. 蓮生寺公園
八王子八十八景 04. 小宮公園(大谷の弁天様)
八王子八十八景 12. 滝山公園(滝山城跡)
八王子八十八景 03. 片倉城跡公園
八王子八十八景 78. やまゆり館
八王子八十八景 05. 清水公園
八王子八十八景 29. 萩原橋
八王子八十八景 64. サイエンスドーム八王子(こども科学館)
八王子八十八景 42. 子安神社
八王子八十八景 49. 白山神社
八王子八十八景 83. 中央自動車道
八王子八十八景 85. 八高線沿線
八王子八十八景 06. 陣馬山
八王子八十八景 44. 浄福寺
八王子八十八景 66. スクエアビル
八王子八十八景 74. 東京薬科大学
八王子八十八景 34. 永林寺
八王子八十八景 15. 上恩方町の田園風景
八王子八十八景 20. 夕やけ小やけふれあいの里
八王子八十八景 14. 多摩森林科学園
八王子八十八景 48. 多摩御陵(武蔵陵墓地)
八王子八十八景 13. 多摩御陵のケヤキ並木
八王子八十八景 30. 南浅川橋
八王子八十八景 68. 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス)
八王子八十八景 88. 輪舞橋(南大沢輪舞歩道橋)
八王子八十八景 62. 小泉家屋敷
八王子八十八景 72. 東京工科大学
八王子八十八景 24. 北浅川の見どころ
八王子八十八景 28. 長池見附橋
八王子八十八景 76. ベルコリーヌ南大沢
八王子八十八景 73. 首都大学東京(旧東京都立大学)
八王子八十八景 80. 甲州街道
八王子八十八景 41. 小仏関跡
八王子八十八景 51. 八王子城跡
八王子八十八景 25. 城山・御主殿の滝
八王子八十八景 65. 下恩方の酒造場
八王子八十八景 31. 陵北大橋から
八王子八十八景 67. 創価大学
八王子八十八景 26. 高尾山・琵琶滝
八王子八十八景 01. 一丁平
八王子八十八景 08. 高尾山(山頂)
八王子八十八景 47. 高尾山薬王院
八王子八十八景 09. 高尾山のスギ並木
八王子八十八景 81. 高尾山ケーブルカー清滝駅前
八王子八十八景 70. 高尾山麓の老舗
八王子八十八景 71. 中央大学
 
デジタル一眼カメラ OLYMPUS PEN  Lite E-PL1
僕が使ってるマイクロ一眼!デジタル一眼カメラ入門機
オリンパス/ペンライト (OLYMPUS PEN Lite E-PL1)

 
デジタル一眼カメラ OLYMPUS ペン ライト E-PL1
メーカーページ: デジタル一眼カメラ オリンパス ペンライト E-PL1

 

★入門機・オリンパス PEN Lite E-PL1でデジタル一眼カメラデビューしました
 
“デジ一初心者”僕のデジタル一眼入門セット
一眼レフデジタルカメラ: OLYMPUS/オリンパス PEN Lite E-PL1 レンズキット(ホワイト)
交換レンズ: OLYMPUS/オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
本革 ハンドストラップ: CSS-S110LS-WT(ホワイト)
ラッピングクロスOLYMPUS/オリンパス CS-15
    
村内伸弘@ムラウチ ドットコム
  
「デジタル一眼レフカメラ」 …人気ブログを見てみる
「初心者カメラマン」 …人気ブログを見てみる
「カメラ女子(女性初心者)」 …人気ブログを見てみる
 
▼世の中いろんな写真がある ☆\(^▽^ )/
写真ブログブログランキング
にほんブログ村 カメラ・写真ブログ村 を見る


▼ムラウチドットコムで 私たちと一緒に働きませんか?
IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人情報(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
採用・求人情報 - Web技術者、Webエンジニア、Webデザイナーなど


IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人職種一覧(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
募集職種一覧 - 勤務地: 東京都八王子市



 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2010年5月16日 00:22
murauchi.comから読み込み中...

コメント

資料館って、どうりょう堂の跡地に作られたんでしたっけ?
子どもの頃こども会で散策した記憶はありますが、
その時はまだ資料館もなく、ただただ古道が続くだけのとこでした。
写真を見て、久しぶりに歩きたくなりました。

投稿者 ゲンキダーJ : 2010年5月16日 00:48

ゲンキダーJさん
コメントありがとうございました。

ハイ!
八王子市のホームページによると
絹の道資料館は

 生糸商人、八木下要右衛門(やぎしたようえもん)の屋敷跡
 に建てられました。要右衛門は「鑓水の石垣大尽」と呼ばれ
 ただけに、通りに面した石垣が見事です。この石垣を生かし、
 資料館は当時の雰囲気を伝えるような建物にしました
 (復元ではありません)。庭には、土蔵や排水溝の跡が
 整備され、展示室内には絹の道や製糸・養蚕に関する資料が
 展示されています。
 また、八王子市指定史跡「絹の道」を散策する人のために、
 休憩コーナーもありますので、お気軽に訪ねてください。

とのことです。

昭和60年(1985年)に、
歴史的名雰囲気が損なわれないように、
絹の道の保全と環境整備をスタートしたそうです。

ちなみに旧道了堂のあった大塚山は、
大塚山公園として整備されているそうです。
(昨日、僕はそこまでは歩きませんでしたが...)

絹の道資料館は平成2年(1990年)に開館したみたいです。
 
もし、歩くのでしたら、
たぶん、今がベストシーズンだと思いますよ。
もちろん、写真撮るにもベストだと思います。
新緑は誰をも名カメラマンにしてしまいます。
 
 

投稿者 自称・八王子観光大使 村内のぶひろ : 2010年5月16日 09:15

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

05.三多摩・八王子 , 12.写真・花鳥風月 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

We are the muragons!!
muragon_logo.png
  ブログをつくろう♪⇒ 無料のブログ作成サービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記