CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2008年 08月 12日(火) - 村内のぶひろ

オシンコシンの滝、知床観光船。世界遺産・知床を心底味わう。
11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

アイヌ語で「地の果て」を意味するシリエトク(知床)。
平成17年(2005年)7月17日、屋久島、白神山地に次いで
日本で3番目に世界自然遺産リストに登録されました。

神の子池から知床半島に入り、最初についたのが
オシンコシンの滝」。

オシンコシンの滝
「オシンコシンの滝」


途中から流れが2つに分かれているんで「双美の滝」とも呼ばれているそうです。
階段を上って滝の真ん前まで近寄れるので、
近寄ってみたら、水しぶきの影響か
滝の前はひんやりとしていて気持ちが良かったです。

岩肌を水が白い糸のように流れ落ちてくる様を間近で
見ているとまさにこの滝が、世界遺産・知床(しれとこ)を訪れた僕を
あたたかく出迎えてくれているような気がしてきました。

オシンコシンの滝 オシンコシンの滝

知床八景・オシンコシンの滝 知床八景・オシンコシンの滝
知床八景・オシンコシンの滝


オシンコシンの滝から、知床観光船の乗船場がある
ウトロ(宿泊予定地)まではたったの数キロ、
車を走らせて次は知床観光船「おーろら2号」に乗り込みました。
予約しておいた時間ギリギリで焦りました(苦笑)

ウトロ港を出航し、世界遺産クルージング!!
知床観光船「おーろら2号」から知床半島を望みました。
断崖絶壁、そそり立つ夏の知床半島はまさに
原始のままで人を寄せ付けない世界遺産の風貌をたたえ、
観光船に乗る僕らを魅了してくれました。

知床観光船 知床観光船

知床観光船 知床観光船

知床観光船 知床観光船

知床観光船 知床観光船


オホーツク海はキラキラと輝き、
船が通った跡に残る波や泡などの航跡も白くきらめいていました。
カモメがずっとついてきて気持ち良さそうに船の上を飛んでいました。
太古の姿をいまにとどめる知床半島は
平成のいま、人知を超えそこに存在していました。

知床半島 (知床連山)
知床半島 (知床連山)


硫黄山から羅臼岳まで知床連山が
青い夏空に照らされています。
山肌や岩肌を覆う木々の緑が目にまぶしい。
白い雲がたなびき、奇怪な形に削り取られた
海食洞は妙にかわいらしく、、
ところどころ流れ落ちる滝もうつくしい。
海の色はまさに「オホーツクブルー」、
そして白い波と水しぶき、ここちよく響く船の音。。。

世界自然遺産・知床 世界自然遺産・知床


知床や ああ知床や 知床や。

もし、芭蕉が平成に生きていたら
松島を訪れたときと同じように
句が思い浮かばなかったことでしょう。



カムイワッカの滝 (うしろは硫黄山)
折り返し地点・カムイワッカの滝 (うしろは硫黄山)

僕たちのコースは硫黄山航路なので
硫黄山(カムイワッカの滝)で折り返しとなります。
帰りは船内に入り、ボーッと
知床半島を眺めていました。


船内のBGMは「知床旅情」が流れていました。

世界自然遺産・知床 世界自然遺産・知床

僕は世界遺産・知床を見に来たということも事実ですが
それ以上に実は名曲「知床旅情」の生まれた知床を
訪れたかったという気持ちが強かったので
このBGMは耳に優しく、心に沁みました。

 旅の情けか 酔うほどに さまよい♪
  浜に出てみれば 月は照る波の上♪



知床観光船「おーろら2号」 知床観光船「おーろら2号」
知床観光船「おーろら2号」

ウトロ港・オロンコ岩 ウトロ港・ゴジラ岩
(左)ウトロ港・オロンコ岩         (右)ウトロ港・ゴジラ岩


▼今回の北海道旅行コース
神の子池と干草ロール、スープカレー
オシンコシンの滝、知床観光船
ウトロの夕日
ヒグマ出没!!知床五湖散策
羅臼(らうす)でトド肉、フレペの滝のエゾシカ
根室名物「エスカロップ」
北方領土問題とニホロ、納沙布岬
根室・花咲港のサンマの水揚げ
釧路川ボート下り(湿原川下り)とザリガニ釣り

(参考1)
前回/ 早春(2007年5月)のルートです
釧路・釧路湿原(ノロッコ号)和商市場 勝手丼
阿寒湖(マリモ)アイヌコタン(アイヌ古式舞踊)  ※まりもっこり
オンネトー(雌阿寒岳、阿寒富士)
ナイタイ高原牧場
然別湖(しかりべつこ)・ナイトウォッチング(星空)
帯広(元祖*豚丼)
十勝平野・日高山脈
美蔓めん羊牧場(羊の毛刈り、糸紡ぎ)
国鉄広尾線・幸福駅


(参考2)
前々回/ 冬(2007年2月)のルートです
ノトロ湖・サロマ湖
紋別・ガリンコ号もんべつ流氷まつり
川湯温泉摩周周辺
摩周湖
屈斜路湖&美幌峠
網走(オホーツク流氷まつり&網走監獄)


(参考3)
春(2007年5月)仕事帰りのルートです
拓真館 - 美瑛・前田真三写真ギャラリー
北海道・美瑛 - パッチワークの丘
北海道・美瑛 - パノラマロード
まだらに雪残る十勝岳連峰の麓
富良野ラベンダーと富良野ワイン
旭川・成吉思汗(ジンギスカン)、骨付き生ラム

冬(2001年4月)
支笏湖で北海道を満喫、すごーく美しい湖
長万部 ( おしゃまんべ ) の海
長万部 ( おしゃまんべ ) の線路、サイロ、湿原

秋(2000年10月)
函館大門ぎおん通


村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「日本の世界遺産」 …ブログコミュニティを見てみる
「知床」 …ブログコミュニティを見てみる
「道東情報(北海道)」 …ブログコミュニティを見てみる

▼世の中いろんな人がいる \(^O^)/
ブログ検索サイト 北海道情報ブログ村 を見る

北海道ブログランキング

きょうのキーワード:オシンコシンの滝 - 知床観光船 - 世界遺産
「社長ブログ」 バックナンバーを見る


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2008年8月12日 13:30
murauchi.comから読み込み中...

コメント

滝好きの1人です。滝をテーマにした
ブログも作っているので、もしよかったら、
一度遊びにきて下さい!どうぞ宜しく!

投稿者 しゃけ : 2009年11月12日 01:26

しゃけさん
コメントありがとうございました。

滝ブログ見ましたよ~
すごいブログですね ^^

よくもこれだけのすごい
滝メンバーが揃ったと思います(笑)
  ↓↓↓↓↓

~道は歩いた後に出来る、今日も滝を目指して山中を彷徨う~
『無鉄砲な滝チャンピオン・1号森本』

~滝が婚約者!全国の滝を股に掛けるプレイボーイ~
『滝壺王子・2号大藤』

~トークも旅もどこに行くかまったくわからない~
『勘違い暴走重戦車、痛風、腰痛、
     ヘルニアのかっこ悪い三冠王・3号佐竹』

~滝に対する姿勢は一切の妥協を許さない~
『滝の原理主義者・4号BAL』


▼TVチャンピオン滝通選手権出場者によるブログ
http://takituu.cocolog-nifty.com/blog/
 ↑↑↑↑
ブログがんばってください、
応援しています!!
 
 

投稿者 村内のぶひろ : 2009年11月13日 08:15

おはようございます!ブログは頑張って毎日更新して
いますので、ぜひ「ちょこちょこ」遊びに来て下さいね!

投稿者 しゃけ : 2009年11月14日 12:08

しゃけさん
了解です、ちょくちょく遊びに行きますネ~
 

投稿者 村内のぶひろ : 2009年11月14日 12:10

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記