CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2006年 08月 06日(日) - 村内のぶひろ

松陰神社(東京都世田谷区鎮座)
10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

任期を終えようとしている小泉首相が念願の山口の旅へ行ってきたそうです。
「松陰や晋作が生まれ、志をはぐくんだ土地を巡ってみたい」という
長年の思いが実現したとのことでした。

吉田松陰が教え、高杉晋作や伊藤博文たちが学んだ「松下村塾(しょうかそんじゅく)」、
晋作と愛人“おうの”のお墓が仲良く並ぶ「東行庵(とうぎょうあん)」、
晋作が倒幕の歴史的な挙兵をした「功山寺(こうざんじ)」、
松陰が海外密航に失敗し、投獄された「野山獄跡(のやまごくあと)」
   ↑↑↑
僕も20代の頃にすべて歩いて巡りました。
あの夏の萩はキラキラと輝いていた気がします。
夏休みの予定がまだ決まっていない方には山口県をお薦めです!
おいでませ山口へ。


「山口県!!遠くていけないよー」、
「しかも、夏なのに休みすら取れないよっ!」という首都圏の方w
東京都世田谷区にも松陰先生ゆかりの地がありますよー
それが松陰神社(松蔭神社)です。
人間愛と祖国愛に生きた松陰先生と語り合えます。
ぜひ、一度は行ってみてくださいネ、ぼくは時々ふらふら行ってます(^-^)
   ↓↓↓
松陰神社(松蔭神社)
松陰神社(東京都世田谷区鎮座)



「松陰神社にすら行けないんだあ(涙)」という方にはコレ!
たぶん本屋にも行けないくらい忙しいんでしょうから、
ネット書店で買ってください(笑い)
   ↓↓↓
吉田松陰・留魂録(講談社学術文庫)
吉田松陰・留魂録(講談社学術文庫)


あー、もう一度萩に行きたいな~!

(参考)
吉田松陰の遺書「留魂録」
"炎の教師"吉田松陰の遺書「留魂録」 - 二十一回猛士の死生観、ダイイング・メッセージ

世田谷若林の松陰神社 長州藩士・吉田松陰先生のお墓にお参り
「覚悟の磨き方」 超訳 吉田松陰 不安と生きるか。理想に死ぬか。
「志を立ててもって万事の源とする(吉田松陰先生)」
長崎・平戸 吉田松陰青春の地
生老病死・春夏秋冬
20代、30代の若者へのメッセージ

゚.+:。 高杉東行、全身全霊 ゚.+:。 - 高杉晋作、功山寺挙兵の日
梅の花咲く―決断の人・高杉晋作
高杉晋作(上)(下) 池宮彰一郎
佐藤一斎と高杉晋作の「天命」
あす 4/14は高杉晋作の命日
志士・久坂玄瑞のりりしき肖像

酔題馬関旗亭壁(伊藤博文の漢詩) & ポーツマスの旗(伊藤博文の名場面)
初代総理大臣・伊藤博文の墓(東京都品川区西大井)

烈々たる日本人 (ぼくらの先輩たち)
忘れられた日本人 (ぼくらの先輩たち)
死ぬときに後悔することベスト10(ワースト10?)

↓世の中いろんな人がいる \(^O^)/
にほんブログ村 神道ブログランキング
神道ブログランキング

きょうのキーワード:松陰神社 - 松下村塾 - 吉田松陰
「社長ブログ」 バックナンバーを見る


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2006年8月 6日 09:16
murauchi.comから読み込み中...

コメント

幕末の事となると長々と書いてしまうので控えていましたが、我慢しきれなくなり投稿するのをお許し下さい。

吉田松陰を語る前に、師匠である佐久間象山から紹介させて下さい。

佐久間象山は、信州松代藩の下級武士の出であるが、若年期に数学と経済を学び、その後兵学を学び西洋の学問・歴史に大きく関心を持つ。
そして、大砲の鋳造に成功し、ガラスの製造を行い洋学の第一人者になった。
教育にも熱心で門弟には、吉田松陰(寅次郎)、小林虎三郎、勝海舟、河井継之助、坂本龍馬、橋本佐内、加藤弘之らがいる。
特に、吉田松陰(寅次郎)と小林虎三郎は「象山の2虎」と称され「天下・国の政治を行う者は吉田、我が子を託して教育してもらう者は小林のみである。」と言われていた。

嘉永6年(1853年)、ペリーが来航し幕府に開国を迫った。
翌年、再びペリーが来航し、艦隊に佐久間象山と吉田松陰が密航を企てて失敗してしまう。

吉田松陰は長州藩へ檻送され野山獄に幽囚される。
嘉永7年(1855年)生家で預かりの身となるが、その後、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允(桂小五郎)、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠など維新の指導者となる人材を育てる。

安政5年(1858年)、幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと吉田松陰は激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。
長州藩は警戒して再び松陰を投獄した。

安政6年(1959年)、幕府は安政の大獄により長州藩に吉田松陰の江戸送致を命令する。
吉田松陰は老中暗殺計画を自供して自らの思想を語り、同年、江戸伝馬町の獄において斬首刑に処される、享年29。

佐久間象山は、元治元年(1864年)7月11日、京都の三条木屋町で前田伊右衛門、河上彦斎らにより暗殺された。
禁門の変の7日前の出来事であった。
現在、現場には遭難碑が建てられている。
その後河上彦斎は佐久間象山の事歴を知ると、あまりの大物を殺害してしまった事に愕然とし、人斬りと名高かった彼が暗殺をやめてしまったと言う。

幕末の若者たちは、幕府を憂い、土佐藩の様な上士・郷士の差別を憂い悩み、尊皇攘夷、佐幕開国と思想の違いで血を流し、
そういった人達の犠牲の上で現在の日本があると思います。

余談ですが
新撰組の袖口を山形の模様(ダンダラ模様)に白く染め抜いた浅葱色(薄い水色)の羽織を作ったのは大文字屋呉服店(現在の大丸)。
また、誠の文字を染め抜いた隊旗は高島屋で作ったと言われています。

投稿者 迷惑で屁理屈なEDDY MERCKX : 2006年8月 9日 14:05

安政6年(1959年)は、(1859年)の誤りです。
訂正して、お詫び申し上げます。

投稿者 迷惑で屁理屈なEDDY MERCKX : 2006年8月 9日 14:17

EDDYさん
松陰先生の生涯の説明ありがとうございました。
それから三条木屋町の佐久間象山遭難碑は見たことあります、
確か近くに桂小五郎と幾松の宿もありますよね。

投稿者 のぶひろ : 2006年8月11日 10:24

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記