CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう♪ ⇒ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

2009年 10月 27日(火) - 村内のぶひろ

吉田松陰 留魂録、150年前の10月27日。
10.歴史・文化 , 13.読書・音楽全一覧(バックナンバー)

「吉田松陰 留魂録」 講談社学術文庫 - 古川 薫
「吉田松陰 留魂録」 講談社学術文庫 - 古川 薫

青空をバックに。今朝は台風一過、富士山がきれいで、旭(朝日)がまぶしかったです。


安政6年(1859年)10月27日、
吉田松陰は小伝馬上町牢の刑場で、
波瀾に充ちた30歳の生涯を閉じた。
「留魂録」を書き上げた翌日である。

「留魂録」は門下生たちのあいだでひそかに回覧され、
写本となって松門の志士たちの聖書ともなった。
その諄々と教えさとす語調は、
たしかに死の瞬間まで教師であろうとする
松陰の遺書といえた。

彼は種を植えつけて処刑された。
先駆者の役割は、すでに果たされており、
死そのものが、最後の教訓として
門下生を奮いたたせたのである。

古川 薫

2002年9月10日 第一刷
講談社学術文庫 「吉田松陰 留魂録」
史伝・吉田松陰より引用

 

松陰忌。
太陰暦と太陽暦で違いはありますが
150年前の今日10月27日、
吉田松陰先生がこの世を去りました。

僕のぶひろも20代の頃から
松陰先生の書物を読んだり、
松陰先生ゆかりの地を実際に訪れたりして、
その精神を学んできたつもりですが、
おそらく今頃、松陰先生は
笑っていると思います。

口ばっかりで、行動ができない
僕のことを笑っていると思います。

尾崎豊じゃありませんが、
夢を失い、愛を弄びがちな
僕ら現代人のことを笑っていると思います。


改めてもう一度、
松陰先生の遺書「留魂録」を読んで
奮いたって駆け出した門下生たちを見習います!

口先だけの男は最低です、
松陰先生や門下生のみんなの
爪の垢を煎じて飲むつもりでがんばります!

のぶひろ往け、月白く風清し!!

村内伸弘往け、月白く風清し!!
村内伸弘(のぶひろ)に 行動を求める吉田松陰先生

志士は溝壑にあるを忘れず
(志士は頸首所を分つことを恐れず、溝壑に填まり長く終に反すことを得ず)
※溝壑の死: 志士は道義のためなら、窮死してその屍を溝や谷に棄てられてもよいと覚悟している。


(参考1)
古川薫さんの 「吉田松陰 留魂録(講談社学術文庫)」は、
僕の座右の書であり、本当に会社の机の上左端に置いてあります。←2002年9月10日第1刷
数ある吉田松陰本のなかで、僕はこの本が間違いなくNo.1だと思います。
   ↓↓↓↓↓
吉田松陰・留魂録(講談社学術文庫) レビュー
 
 
 
僕は本を読むときに、下記 1、2、3の本しか読みません。

 1. 歴史上の人物や一流の人物本人が書いた本
 2. 1.の人物の弟子・秘書・家族など身近な人が書いた本
 3. 1.の人物を真に理解できる素養を持った人が書いた本

この本は松陰先生本人の書いた留魂録の原文が
丸ごと載っていますので 1.に完全に当てはまります。

また、古川薫さんはこの 3.に間違いなく当てはまります、
まえがき、はじめに、解題、注、留魂録現代語訳、
史伝・吉田松陰、あとがきなど古川さんが書いた文章は
深い松陰理解そのものです。
松陰精神の伝道者・古川さんの一世一代の作品が
この講談社学術文庫版・留魂録だと思います。

▼文庫本 裏面
身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも
   留置まし大和魂

志高く維新を先駆した炎の思想家吉田松陰が
安政の大獄に連座し、牢獄で執筆した「留魂録」。
愛弟子へ切々と訴えかける最後の訓戒で、
死に直面した人間が悟り得た死生観を書き記した
格調高い遺書文学の傑作を味読・精読する。


(参考2)
世田谷若林の松陰神社 長州藩士・吉田松陰先生のお墓にお参り
「覚悟の磨き方」 超訳 吉田松陰 不安と生きるか。理想に死ぬか。
「志を立ててもって万事の源とする(吉田松陰先生)」
長崎・平戸 吉田松陰青春の地
松陰神社(東京都世田谷区鎮座)
生老病死・春夏秋冬
20代、30代の若者へのメッセージ

゚.+:。 高杉東行、全身全霊 ゚.+:。 - 高杉晋作、功山寺挙兵の日
梅の花咲く―決断の人・高杉晋作
高杉晋作(上)(下) 池宮彰一郎
佐藤一斎と高杉晋作の「天命」
あす 4/14は高杉晋作の命日
志士・久坂玄瑞のりりしき肖像

酔題馬関旗亭壁(伊藤博文の漢詩) & ポーツマスの旗(伊藤博文の名場面)
初代総理大臣・伊藤博文の墓(東京都品川区西大井)

烈々たる日本人 (ぼくらの先輩たち)
忘れられた日本人 (ぼくらの先輩たち)
死ぬときに後悔することベスト10(ワースト10?)
  
「歴史」も捨てました。「偉人たち」とも別れました。

村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「江戸時代」 …ブログコミュニティを見てみる
「明治時代以降」 …ブログコミュニティを見てみる
「日本の歴史」 …ブログコミュニティを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 幕末維新ブログ村 を見る

幕末維新ブログランキング

きょうのキーワード:吉田松陰 - 松陰先生 - 松陰神社
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


▼ムラウチドットコムで 私たちと一緒に働きませんか?
IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人情報(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
採用・求人情報 - Web技術者、Webエンジニア、Webデザイナーなど


IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人職種一覧(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
募集職種一覧 - 勤務地: 東京都八王子市



 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2009年10月27日 09:42
murauchi.comから読み込み中...

コメント

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

10.歴史・文化 , 13.読書・音楽 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

We are the muragons!!
muragon_logo.png
  ブログをつくろう♪⇒ 無料のブログ作成サービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記