CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2010年 12月 03日(金) - 村内のぶひろ

インドネシア・ジャカルタ旅行記 11 モナス(独立記念塔)とインドネシア独立
11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

indonesia_jakarta_276.jpg
スコールが止んだので、雨宿りしていた歩道橋から再び歩き始めて、
ムルデカ広場に入り、モナス(独立記念塔)へと向かいました。

indonesia_jakarta_277.jpg
今日は金曜日なので、イスラム教のお祈りの日にあたるそうです。
学校の子供たちがモスクへ向かって歩いていました。

indonesia_jakarta_278.jpg
白亜の大理石の塔のてっぺんには純金!の炎のレリーフ。
晴れていないので、キラキラ輝いていなくて残念です。。。

indonesia_jakarta_279.jpg
さあ、もう少しでモナス到着というところで、
またまた強い雨が降ってきました。

indonesia_jakarta_280.jpg
しかも、モナスは広いし、なかなか入口が見つかりません(泣)

indonesia_jakarta_281.jpg
柵がしてあって、モナスは見えるのに中に入れず近づけません!!

indonesia_jakarta_282.jpg
びしょ濡れになりながら、反対側に地下通路があることを
突き止め、なんとか入口にたどり着きました。

「東南アジアの人は、なんでみんなビーチサンダルなんだろう?」
シンガポールの時も思ったのですが、
答えはスコールにありました。

僕は靴下履いて、ニューバランスのシューズだったのですが、
ビーチサンダルと違って、
1回濡れるとなかなか乾かないんで、気持ち悪かったです。
ビーサンだったら、雨が止めばそれで終わりですからね。
スコールに見舞われる熱帯の人々が
靴下を履かない意味がびしょ濡れになって始めてわかりました。


僕はモナスの中のトイレの洗面所で、
靴下を手で絞りましたよ。
我ながら情けなかったですw

indonesia_jakarta_283.jpg
1975年完成、高さ137メートル。下から見上げたモナス(独立記念塔)

さっそくモナスの展望台に行きました。
展望台のエレベータ近くにいた係員の人が、
「ちょっと前まで 2時間待ちだったけど、
スコールがあったばかりだから、君はすぐ登れる。
ラッキーだね」と言ってくれました。

自分はスコールに濡れて、雨宿りをしていたので
アンラッキーだと思っていたので、
世の中って面白い!と思いました。

雨宿りでは、17歳のイスラムガールズともおしゃべりできたし、
災い転じて福となるって感じですね、世の中は(^^)


それと、係員の人が教えてくれたんですが、
塔の台座となる 2F部分が 45メートル、
地下にある歴史博物館の天井の高さは 8メートル
地面からの 2Fまでの高さは 17メートル。
45(年)と 8(月)と 17(日)で、
インドネシア独立の日 1945年8月17日を意味しているそうです。
スカルノ大統領、凝ってますね~

indonesia_jakarta_284.jpg
モナス展望台から見た大統領宮殿

indonesia_jakarta_285.jpg
デヴィ夫人(スカルノ元大統領 第3夫人)が住んでいた建物(写真中央の白い建物)

indonesia_jakarta_286.jpg
イスティクラル・モスク(インドネシア国立モスク)
奥の白い 3つの塔はカトリック教会の大聖堂(カテドラル)

indonesia_jakarta_287.jpg
ガンビール駅

indonesia_jakarta_288.jpg
国防省や国立博物館

indonesia_jakarta_289.jpg
林立する高層ビル群 ジャカルタは大都会です!

indonesia_jakarta_290.jpg

indonesia_jakarta_291.jpg
モナス展望台
 
 
indonesia_jakarta_292.jpg
モナスの地下

独立時、最初の国旗が収納されています

indonesia_jakarta_293.jpg
金色のインドネシア地図

indonesia_jakarta_294.jpg
独立宣言文が収納されているスペース

indonesia_jakarta_295.jpg
独立宣言文

金色の扉が開くと、
スカルノ大統領の音声(声)が歴史の彼方から
聴こえてきます。インドネシア独立!
大感動です!!

indonesia_jakarta_296.jpg
日付にご注目!
17 8 05 の日付、05は 2605年、我がにほんの皇紀です!!

indonesia_jakarta_297.jpg
独立宣言文の前の小学生の男の子たち

indonesia_jakarta_298.jpg

indonesia_jakarta_299.jpg
国章のガルーダ(神の鷲)に記されたサンスクリット語、
BHINNEKA TUNGGAL IKA (ビンネカ・トンガル・イカ / 多様性の中の統一)

エレベータの前で待ち構えていて
僕に勝手についてきている係員さんは
「いろいろの文化、ひとつの国」と説明してくれました。

indonesia_jakarta_300.jpg
小さい尻尾が 19、首が 45で 1945年。
大きい尻尾が 8で 8月。
羽が 17で 17日。

このように、このガルーダにも
1945年8月17日(独立記念日)という意味が
隠れているそうです。

また、ガルーダの胸のマークは係員さんによると、
パンチャシラ(インドネシアの建国5原則)を現していて、
真ん中の星は祈り、
鎖は人道主義
木は民族主義、
水牛は民主主義、
米と綿花は社会正義、
をそれぞれ現しているそうです。

やはりこれにもひとつひとつ意味があるわけでした。

indonesia_jakarta_301.jpg
地下のジオラマ

古代・ジャワ原人の時代から現代までのインドネシアの歴史を
ジオラマで見ることができます。

indonesia_jakarta_302.jpg
インドネシアとオランダ(東インド会社)との戦い

あちこちで、各地で、
インドネシアはオランダと 約350年間戦いました。
このジオラマを見ていると、インドネシアという国がたどった
歴史がいかに苦難に満ちていたかがわかります。

indonesia_jakarta_303.jpg
ハッタのインドネシア協会

indonesia_jakarta_304.jpg
1928年10月28日、インドネシア青年会議

indonesia_jakarta_305.jpg
1928年10月28日、インドネシア青年会議「青年の誓い」

我々インドネシア青年男女は、インドネシア国というただ一つの祖国を承認します。
我々インドネシア青年男女は、インドネシア民族というただ一つの民族を承認します。
我々インドネシア青年男女は、インドネシア語というただ一つの言語を承認します。

indonesia_jakarta_306.jpg
1945年(2605年)8月17日、インドネシア独立

indonesia_jakarta_307.jpg
1945年(2605年)8月17日、インドネシア独立

独立宣言文を読み上げる“建国の父”スカルノ

indonesia_jakarta_308.jpg
1945年(2605年)8月17日、インドネシア独立

indonesia_jakarta_309.jpg
1945年(2605年)8月17日、インドネシア独立

indonesia_jakarta_310.jpg
バンドン会議

indonesia_jakarta_311.jpg
地下の床は大理石でした。

僕に(勝手にw)ついてきてくれた係員さん
日本語上手でした、この係員さんのお陰でとても
よくインドネシアのことが理解できました。
自分が鴨ネギだということはわかってますが(笑)、
僕はインドネシアの独立に非常に興味があったので、
この方の解説を聞きながら、ジオラマなどが見れて良かったです!
ありがとうございました。


インドネシア国旗

▼今回のインドネシア・ジャカルタ旅行記
インドネシア・ジャカルタ旅行記 01 成田空港で世界の美人スッチーを激写!
インドネシア・ジャカルタ旅行記 02 ボルネオ島上空を通りスカルノハッタ国際空港へ
インドネシア・ジャカルタ旅行記 03 サリナデパートとブロックM
インドネシア・ジャカルタ旅行記 04 コタ地区到着、遠足?の学生さん
インドネシア・ジャカルタ旅行記 05 カンポン潜入、バジャイでパサール・イカンへ
インドネシア・ジャカルタ旅行記 06 ファタヒラ広場とムスリムの明るい女の子たち
インドネシア・ジャカルタ旅行記 07 旧バタビア街(オールドバタビア)歩き回り
インドネシア・ジャカルタ旅行記 08 最高にうまいナシゴレン、夜のジャカルタ散歩
インドネシア・ジャカルタ旅行記 09 歓迎の塔、シャングリラホテル
インドネシア・ジャカルタ旅行記 10 トランスジャカルタ、大統領宮殿、スコールで雨宿り
インドネシア・ジャカルタ旅行記 11 モナス(独立記念塔)とインドネシア独立
インドネシア・ジャカルタ旅行記 12 イスティクラル・モスクと大聖堂
インドネシア・ジャカルタ旅行記 13 インドネシア国立博物館
インドネシア・ジャカルタ旅行記 14 オバマ少年像(高級住宅地・メンテン地区)
インドネシア・ジャカルタ旅行記 15 スラバヤ通り(古美術通り)、にほん帰国

(参考)
ジャカルタ路地裏フィールドノート / 倉沢愛子
アジア遊学 No.90 ジャカルタの今を読む / 勉誠出版
アジアの大都市[2] ジャカルタ / 大阪市立大学経済研究所[監修]
インドネシア イスラーム主義のゆくえ / 見市 建
インドネシアを知るための50章 / 明石書店
インドネシア 再生への挑戦 / 石田正美編 アジア経済研究所
2009年インドネシアの選挙 / 本名 純・川村 晃一編 アジア経済研究所
インドネシア 多民族国家という宿命 / 水本 達也
インドネシア進出 完全ガイド / 編著 黒田法律事務所

平成22(2010)年11月、ベトナム・ハノイ
平成22(2010)年9月、ベトナム・ホーチミン  
平成22(2010)年8月、フィリピン・マニラ
平成22(2010)年8月、香港
平成22(2010)年6月、シンガーポール(第二回)
平成22(2010)年4月、シンガポール(第一回)
平成22(2010)年3月、シドニー
平成20(2008)年2月、タイ・バンコク
平成17(2005)年5月、台湾・台北
平成16(2004)年11月、韓国・ソウル
 
 
「インドネシア情報」 …人気ブログを見てみる
「インドネシア語」 …人気ブログを見てみる
「インドネシア株」 …人気ブログを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 インドネシア旅行ブログ村 を見る

インドネシア旅行ブログランキング

きょうのキーワード:インドネシア - インドネシア人 - インドネシア料理 - インドネシア語
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2010年12月 3日 12:57
murauchi.comから読み込み中...

コメント

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記