CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2007年 09月 01日(土) - 村内のぶひろ

五日市憲法が眠っていた深沢家土蔵 (東京都あきる野市)
05.三多摩・八王子 , 08.法 , 10.歴史・文化全一覧(バックナンバー)

五日市憲法(五日市憲法草案)
五日市中学校の校門近くにあった五日市憲法の石碑


深沢家屋敷跡 深沢家屋敷跡
深沢家屋敷跡


五日市憲法(いつかいちけんぽう)
みなさんはご存知ですか?

五日市憲法(五日市憲法草案)は
憲法論議が盛んだった明治10年代に
東京・多摩の奥深く五日市で作られた私擬憲法です。
(註:当時は五日市は神奈川県)

昭和43年、僕が生まれた年に
この深沢家土蔵から発見されました。

高校の授業でこの発見にたずさわった方から
生々しい発掘秘話を聞いたことがあり
話の面白さに大興奮したことを覚えています。

それ以来、行こう行こうと思っていましたが
僕の自宅・八王子からの近さゆえ、
いつでも行けるという気持ちが強く
今回初めて訪れる結果になってしまいました(^^;


深沢家土蔵 深沢家屋敷跡の土蔵
深沢家屋敷跡の土蔵 深沢家土蔵
五日市憲法が眠っていた土蔵

夏の終わり、五日市の山の中を
車を走らせていくといろんな種類のセミの声が
延々と聞こえ、すばらしい雰囲気でした。

東京にもまだこんな町が残っているんだ!
ましてや車も道路もなかった明治時代に
こんな奥深い山の中で民権色の強い憲法を作った人たちが
いたなんて信じられない気持ちです。

明治の青年たちの気概というか、
心意気というか、その前向きで情熱的な
姿勢には自然と頭が下がりました。


結果としては伊藤博文たちの夏島憲法(大日本帝国憲法)が
我が国の近代史をデザインしていくことになるのですが、
こういった憲法草案をつくることができる人々が
全国津々浦々にいたということ自体が
同じく近代の日本の躍進の原動力に
なったことも同時に間違いのないことでしょう!


深沢家代々の墓
土蔵を見下ろす高台にあった
深沢家代々の墓には
その偉業を永遠に讃えるかのように
大きな一本杉が真っ直ぐに生えていました。

僕は下からこの杉を天を仰ぐように見つめて
しばらく動くことができませんでした...


(参考)
藤村詩抄(とうそんししょう) - 明治の青年たち

燃え上がる若者たちの憲法
日本国憲法 前文
板垣銅像 「板垣死すとも自由は死せず」
年寄りの冷や水? 自由の国・日本
「国籍法」違憲判決に思うこと
日本国憲法 第13条「個人の尊重と幸福追求の権利」
all men are created equal と 日本国憲法第14条
自由萬歳!「板垣死ストモ自由ハ死セズ」
憲法記念日: 日本国憲法の感動的な条文
世界人権宣言(全文)
「憲法(第三版)」芦部信喜 / 岩波書店
「憲法講話」宮沢俊義 / 岩波新書
「憲法の力」伊藤真 / 集英社新書
小林麻耶さんの朗読CD 「聴く日本国憲法」で憲法を再学習中
SEALDs(シールズ)… 国会前デモ、日本の学生や若者が立ち上がった
「憲法9条守れ!憲法9条壊すな!」国会前デモの美人女闘士・菱山南帆子さん
町田市立自由民権資料館で自由民権運動の勉強
羽田→高知: とさでん乗って自由民権運動記念館へ 植木枝盛と会う

村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「憲法、憲法改正」 …ブログコミュニティを見てみる
「草の根保守主義」 …ブログコミュニティを見てみる
「憲法を護ろう」 …ブログコミュニティを見てみる

▼世の中いろんな人がいる \(^O^)/
ブログ検索サイト 地方・郷土史ブログ村 を見る

地方・郷土史ブログランキング

きょうのキーワード:五日市憲法 - あきる野市 - 大日本帝国憲法
「社長ブログ」 バックナンバーを見る


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2007年9月 1日 00:55
murauchi.comから読み込み中...

コメント

川遊び~五日市憲法ですか。
ブログのネタは尽きませんね(^^

先日私の商店研究会の皆さんと家族連れで
日の出町へ川遊びに行ってきました。
詳しくはミクシィ8月22日の日記で。

五日市憲法は最近知りました。

とある方面からの依頼で、「日本の青空」
という映画の前売りチケットを扱うことになりました。
試写会があるというので、どんな内容かと
北野市民センターに行き見て来ました。

現在の日本国憲法が米国GHQのお仕着せではなく
日本の研究者による草案が大きく影響した
憲法であるというスタンスの映画だったと
解釈しました。

憲法についてはいろんな議論があります。
ただ、過去にこういう経緯もあったのだという
考えさせられる内容でありました。

9月20日(木)1日3回
いちょうホールで上映があります。
お時間と興味がありましたら
村内さんもぜひご覧になってください。


投稿者 けさ : 2007年9月 1日 11:28

けささん
コメントありがとうございました。

日の出町ですか!
いいですねぇ~(笑)

http://www.cinema-indies.co.jp/aozora/
  ↑↑↑
「日本の青空」これですね?

いちょうホールなら、
時間が取れれば見に行きたいです。

僕も改憲・護憲を立場上
明らかにはできませんが、
にほんの民主主義はアメリカから
プレゼントされたものではなく
「五日市憲法」の時代から日清日露、
大正デモクラシーや先の大戦などを経て
日本人が作り上げ、日本人自身で
築きあげてきたものだと思っています。
大切にしていきたいものです。

「日本の青空」の情報
ありがとうございました。

投稿者 のぶひろ : 2007年9月 1日 12:39

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

05.三多摩・八王子 , 08.法 , 10.歴史・文化 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記