CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2007年 08月 15日(水) - 村内のぶひろ

“田舎館村の田んぼアート”は一級の芸術品
10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

田舎館村の田んぼアート「神奈川沖浪裏」

田舎館村の田んぼアート「凱風快晴(赤富士)」


いつだか新聞に載っていたのですが、
たんぼに北斎の「富嶽三十六景」を描いている村がある
という情報を得ていました。

よくよく調べてみると、その村南津軽郡田舎館村(いなかだてむら)
青森県にあるということを知り、
今回の旅の途中にぜひということで立ち寄ってみました。

田舎館村の田んぼアート 田舎館村のたんぼアート

田んぼアート たんぼアート

田んぼアート・葛飾北斎作の富嶽三十六景 たんぼアート・葛飾北斎作の富嶽三十六景

名づけて“田んぼアート
村おこしの一環として始まったようですが、
今年はなんと
葛飾北斎作の富嶽三十六景
「神奈川沖浪裏」「凱風快晴(赤富士)」でした。

これ、アートなんて名乗っていますが
実際どの程度のもんなんだろうと
正直僕のぶひろも訪れるまでは懐疑的だったのですが、
いやはや、これはすばらしいアートです。
芸術です。
鳥肌立ちますよ、このアートぶりには!!

しかも、村役場に天守閣まで建ててあって、
天守閣のてっぺんからアートされた田んぼの全景を
見渡すという仕組みなのです。


始めてから数年経っているそうですが、
昔の作品を写真で見てみると
年々、上手になっていることがハッキリわかります。

たぶん、マスコミに取り上げられたり、
どんどん人がやってきたりで
制作している村の皆さんもどんどん気合が
入っているんでしょうね ^^
継続は力なり。


~平成13年(2001年) 田舎館村の田んぼアート
~平成13年(2001年)

平成14年(2002年) 田舎館村の田んぼアート
平成14年(2002年) 注目を集めるようになる

平成15年(2003年) 田舎館村の田んぼアート
平成15年(2003年) 田んぼアートと呼ばれるようになる

平成16年(2004年) 田舎館村の田んぼアート
平成16年(2004年) 観覧者約3万人

平成17年(2005年) 田舎館村の田んぼアート
平成17年(2005年) 観覧者約13万人

平成18年(2006年) 田舎館村の田んぼアート
平成18年(2006年) 観覧者約20万人



稲の色を巧みに使った“田舎館村の田んぼアート”
これは一見の価値ありです、
超おすすめの芸術品です。

時期が終わると消え去ってしまう
日本的儚さ(はかなさ)もあって、まさに芸術的だと思います。


(参考)
水田の風景が変わる経過

Life in Inakadate・田舎館での暮らし
 └→ 青森県田舎館村での国際交流員の目から見た田舎館村の暮らし


今回の東北旅行コース
 角館(かくのだて)
 秋田・竿燈まつり(かんとうまつり)
 ババヘラアイス
 なまはげ館・男鹿真山伝承館
 田舎館村の田んぼアート
 青森・ねぶた祭
 霊場恐山
 六ヶ所村 原子力発電所
 盛岡冷麺
 盛岡手づくり村(チャグチャグ馬コ)
 わんこそば(盛岡・東家本店さん)
 仙台・七夕まつり


東北観光大使 ・村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「祭り・イベント写真」 …ブログコミュニティを見てみる
「夏まつり イベント 学園祭 地域の祭り」 …ブログコミュニティを見てみる
「観光&地域の情報」 …ブログコミュニティを見てみる

▼世の中いろんな人がいる \(^O^)/
ブログ検索サイト 農林水産業ブログ村 を見る

農林水産業ブログランキング

きょうのキーワード:田舎館村 - 田んぼアート - 芸術品
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2007年8月15日 08:29
murauchi.comから読み込み中...

コメント

すごいですね~。
色の濃淡とか黒い部分は
どういう風に作っているのでしょうか?

投稿者 けさ : 2007年8月15日 16:38

けささん
コメントありがとうございました。
先日はありがとうございました。

▼水田の風景が変わる経過
http://www.vill.inakadate.aomori.jp/ricecroptour/html/ricecroptour_progress_h19.html

を見るとわかるんですが、
古代米やもち米とか、津軽ロマンとか、
異なる品種(色)の稲を使ってるんですよ ^^
確か黒は古代米だったと思います。

上の6枚かたまっている写真の
右下をよく見てみてください。
黒い稲でしょ?

凄いですよね!!
「神奈川沖浪裏」の波頭とか、
「凱風快晴」の残雪とか
芸術的で身震いがしますね

ナマで見ると
芸術的香気が漂っていますよーっ


投稿者 のぶひろ : 2007年8月15日 20:50

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記