CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2007年 11月 09日(金) - 村内のぶひろ

広島県江田島市:旧海軍兵学校は赤レンガがうつくしい
09.政治・社会 , 10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

旧海軍兵学校
江田島(えたじま)の旧海軍兵学校と言えば、
アメリカのアナポリス、イギリスのダートマスと並び
かっては世界三大兵学校のひとつとして名を馳せていたところです。


edajima_07.JPG
「海上自衛隊 第一術科学校」の赤レンガ


edajima_11.JPG
赤レンガの幹部候補生学校(旧海軍兵学校・生徒館)


毎夜、就寝5分前に全員で「五省」というのを唱和して
その日一日の自分自身の言動を反省したそうです。
今もこの伝統は受け継がれているとのこと!

五省(ごせい) …海軍精神

一. 至誠に悖るなかりしか
    しせいにもとるなかりしか
    ※誠実さに背いていなかったか

一. 言行に恥づるなかりしか
    げんこうにはづるなかりしか
    ※言行に恥ずかしい点はなかったか

一. 気力に缺くるなかりしか
    きりょくにかくるなかりしか
    ※気力に欠いた点はなかったか

一. 努力に憾みなかりしか
    どりょくにうらみなかりしか
    ※努力するのに心残りはなかったか

一. 不精に亘るなかりしか
    ぶしょうにわたるなかりしか
    ※怠けてものぐさになっていなかったか


edajima_13.JPG

海軍っていったら、基本的には英国(イギリス)式ですから
ほんとイギリスみたいな感じです。

今回の旅では絶対に
旧海軍兵学校を見学(無料)しようと思って
定刻13:00の15分くらい前に現地に到着しました。

ここは観光地ではなく、あくまでも自衛隊の基地なので、
若干の緊張感があります ^^
山本五十六元帥ではありませんが、まさに
「常在戦場」です!w
構内も自由に見学できず、単独行動も一切禁止なんです。


有事対応、災害派遣、国際貢献など
自衛隊の果たしている役割は大きいですが、
施設の中に入らせてもらえるとなんとなく親近感が湧いてきます。

特ににほんは国民の経済活動や生活基盤となる物資を
ほとんど海外に依存していて、それらを海上輸送で輸入している
のですから、海自(海上自衛隊)の役割は非常に重要です。
ぜひこれからも周辺海域の海上交通の安全を
確保してくださいよー!

edajima_15.jpg edajima_02.jpg
現在も海上自衛隊の基地になっています。


edajima_01.jpg edajima_03.jpg
(左)総御影石の白亜の大講堂 (右)講堂内部
大正6年(1917年)に建築され、
昭和20年(1945年)まで入校式には天皇陛下の名代として
宮様がいらっしゃっていたそうです。
ちなみにこの中で歌を歌うとマイクなしでも
上手に聞こえるそうです。←音響がよいということ。


edajima_06.jpg edajima_09.jpg
(左)赤レンガの幹部候補生学校

edajima_04.jpg edajima_05.jpg
この赤レンガは明治26年(1893年)にイギリスから油紙に包んで輸入したそうで
西日本No1のレンガだそうです。(東日本No1は東京駅)

案内の方が「レンガをぜひ触ってみてください」と言ったので
みんなで一斉に触りましたが、
じつに滑らかでツルツルしていました。
とても110年以上経ったレンガとは思えません!!
ツルツルでした、ツルッツルです!!


edajima_12.jpg edajima_08.jpg
(左)電線や電信柱がないので景観がいいです

edajima_10.jpg edajima_14.jpg
(左)教育参考館仮展示室
(右)お土産に買った江田島・ようかん


教育参考館が改修中のため、「教育参考館仮展示室」で展示品を見ました。
通常の四分の一の展示数だったようです(涙)

ですが、厳選されているという感じでもあり
世界三大提督の肖像画から始まって
吉田松陰、勝海舟、西郷従道、山本権兵衛、
旅順港閉塞作戦の広瀬中佐(江田島の1回生だそうです)、
東郷平八郎、山本五十六などの展示がありました。

そして、それ以外の名も無き兵士たちの
遺書もたくさんありました。消えかけて薄くなった血書が
時の経過を物語っています。

「何も思い残すことはありません」という書き出しの遺書を
読んでいたおばさんが涙を拭きながら、
「そんなはずないのにね・・・」とつぶやいていたのが印象的でした。

もう、70を超えたようなおじさん達のグループが
兵士たちの写真を見ながら
「みんな、若いでな」とつぶやいていたのも
同じく印象的でした。

 人ハ何時カハ死ス
 死スベキ時ニ人タルノ値生ズナリ
 決戦ニ望ミ

 死即生ナラン



hiroshima_okonomiyaki_01.jpg hiroshima_okonomiyaki_02.jpg
夜は宿泊した呉のホテルの近くで
「広島風お好み焼き」を食しました。
お好み焼き肉玉+うどん+もち+いか天。
うまかった~

▼今回の広島・山口旅行コース
 広島県呉市:大和ミュージアム (鎮魂!戦艦大和)
 広島県呉市:てつのくじら館で潜水艦の中に入りました
 広島県呉市:歴史の見える丘。この旧海軍工廠で戦艦・大和が建造された
 広島県江田島市:旧海軍兵学校は赤レンガがうつくしい
 広島県呉市:映画「海猿」のロケ地・両城の200階段からの呉らしい景色。
 広島県広島市:原爆爆心地(中区)と原爆ドーム
 山口県周南市大津島:回天記念館で烈士たちに黙祷
 山口県下関市:春帆楼(日清講和記念館)で伊藤博文が活躍
 福岡県北九州市:門司港レトロは間違いなく“恋人の聖地”

▼平成26年 / 2014年の尾道・鞆の浦旅行コース
 来月、広島県の尾道と鞆の浦へ
 15才の原田知世主演 映画「時をかける少女」感想
 16才の富田靖子主演 映画「さびしんぼう」感想
 新文芸坐で名作映画「さびしんぼう」を泣きながら鑑賞しました!
 01:鞆の浦 飛行機からの景色、鞆の浦到着
 02:鞆の浦 古い街並みのうつくしい港町・鞆の浦
 03:鞆の浦 鞆・町並ひな祭の雛人形めぐり
 04:鞆の浦 日東第一形勝 - 鞆の浦の景色
 05:尾道 JR尾道駅到着、そして尾道の夕景・夜景
 06:尾道 尾道の朝焼け、尾道渡船で向島へ
 07:尾道 しまなみ海道サイクリング、"さびしんぼう"のみかん畑の中の坂道へ
 08:尾道 尾道ロケ地めぐり、さびしんぼうの西願寺の階段
 尾道・鞆の浦 観光&「さびしんぼう」ロケ地めぐり - 番外編
 
▼平成26年 / 2014年の夏の広島旅行コース
 広島へ、そして世界文化遺産 宮島・厳島神社へ
 世界文化遺産・原爆ドーム&広島平和記念資料館
 初めてのマツダスタジアム 菊池涼介、2ホーマー!カープ女子大喜び~
 
村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「江田島」 …地域コミュニティを見てみる
「建物探訪・有名建築物・建築家 」 …ブログコミュニティを見てみる
「建築写真」 …ブログコミュニティを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 建築デザインブログ村 を見る

建築デザインブログランキング

※このブログ記事は戦争や旧日本軍を美化するものではありません。
  また、株式会社ムラウチドットコムとも一切関係がなく、
  村内伸弘個人のプライベートな私的感想ですので予めご承知おきください(^^)

きょうのキーワード:江田島市 - 旧海軍兵学校 - 赤レンガ
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2007年11月 9日 09:59
murauchi.comから読み込み中...

コメント


 江田島の風景は


 どこから見ても まるで

 映画の一シーン みたいですね・・・


 それに しても

 高邁な精神を 学んだ後で・・


「広島風お好み焼き」を食しました。
お好み焼き肉玉+うどん+もち+いか天。
うまかった~


  って いうのは


  まさしく


  のぶひろ~~~~~


  これで なくちゃね~~~

投稿者 気楽なおじ : 2007年11月 9日 13:40

気楽なおじさん
コメントありがとうございました。

ひっひっひ
牡蠣(カキ)と河豚(フク)は食べ損ねました~

残念、、、


切腹。。。←古い(^^;

投稿者 のぶひろ : 2007年11月10日 22:25

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

09.政治・社会 , 10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記