CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう♪ ⇒ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

2012年 02月 09日(木) - 村内のぶひろ

イギリス ロンドン旅行記 08 ウェストミンスター宮殿&ビッグベン
11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

イギリス・ロンドン181
英国国会議事堂(the Houses of Parliament)
ウェストミンスター宮殿(the Palace of Westminster)

イギリス・ロンドン179
国会議事堂そのものが世界遺産だなんて、
ファンタスティック過ぎます!! ^^

イギリス・ロンドン180
"清教徒革命(ピューリタン革命)の立役者" オリバー・クロムウェル像

さりげなく後にビッグベンが顔を覗かせているのが、
あまりにも、あまりにも、ブリティッシュ~

イギリス・ロンドン182
英国国会議事堂/ウェストミンスター宮殿


イギリス・ロンドン184
そびえ立つビッグベン(Big Ben)

国会議事堂に併設されているビッグベン、
まさにグレートブリテンの象徴だと思います!

イギリス・ロンドン185
国会議事堂前の広場に掲げてあった看板とテントデモ

イギリス・ロンドン186

イギリス・ロンドン190
国会議事堂

イギリス・ロンドン191
ウェストミンスター・ブリッジから望むビッグベン

イギリス・ロンドン187
ウェストミンスター・ブリッジから望む
観覧車「ロンドン・アイ(London Eye)

イギリス・ロンドン188

イギリス・ロンドン189

イギリス・ロンドン192
お腹空いた~

イギリス・ロンドン193
ホットドッグ一丁!

イギリス・ロンドン194
ウェストミンスター・ブリッジの上では賭けをやってました(笑)

イギリス・ロンドン195
三つの入れ物の中のどれにモノが入っているかを当てるという
カンタンな賭けですが、
けっこう、みんな外してました。
賭けさせている方が手品師のようなテクを
持っているんだと思います。
中東系の人たちが賭けさせている方で、
賭けさせられているのが欧米系の観光客?のようでした。
中東対欧米、中東の勝ち~(笑)

イギリス・ロンドン196
国会議事堂近くを走る二階建てバス。
ちょうど公開されていた「THE IRON LADY」の広告でした。
"鉄の女"マーガレット・サッチャー~

(参考)
清教徒革命の指導者、オリバー・クロムウェルの英語の伝記


村内伸弘@ムラウチ ドットコム

英国/イギリス
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

 
▼今回のイギリス ロンドン旅行記
イギリス ロンドン旅行記 01 約20年ぶりにロンドンへ
イギリス ロンドン旅行記 02 ヒースローエクスプレスと SOHO徘徊
イギリス ロンドン旅行記 03 ピカデリーサーカスとチューブ(地下鉄)
イギリス ロンドン旅行記 04 ロマンチックホテルとハイドパーク
イギリス ロンドン旅行記 05 イギリス ロンドン旅行記 05 "パンク"誕生の地 キングスロード 430番地
イギリス ロンドン旅行記 06 二階建てバスに乗り、バッキンガム宮殿へ
イギリス ロンドン旅行記 07 チャーチル博物館とウェストミンスター寺院
イギリス ロンドン旅行記 08 ウェストミンスター宮殿&ビッグベン
イギリス ロンドン旅行記 09 NHSを守れ、ホースガーズ、トラファルガー広場
イギリス ロンドン旅行記 10 スピーカーズコーナーでイスラム教団体の大集会
イギリス ロンドン旅行記 11 駅舎うつくしきパディントン駅
イギリス ロンドン旅行記 12 ロンドン-オックスフォードの車窓から
イギリス ロンドン旅行記 13 オックスフォード街歩き
イギリス ロンドン旅行記 14 ディドコットパークウェイ駅から世界へ出発
イギリス ロンドン旅行記 15 Open University レジデンシャルスクール
イギリス ロンドン旅行記 16 "マイフェアレディ"なコヴェントガーデン♪
イギリス ロンドン旅行記 17 移民と労働者階級のちょっと危ない街
イギリス ロンドン旅行記 18 ポートベローマーケット(のみの市)
イギリス ロンドン旅行記 19 「万国の労働者、団結せよ!」 マルクスのお墓参り
イギリス ロンドン旅行記 20 クレイヴンコテージで フラム対ニューカッスル
イギリス ロンドン旅行記 21 IRON LADY、タワーブリッジ、ロンドン塔
イギリス ロンドン旅行記 22 シティとセントポール大聖堂
イギリス ロンドン旅行記 23 シェイクスピア・グローブ座、大英博物館
 
▼海外旅行記
平成27(2015)年12月、オーストラリア・ケアンズ
平成27(2015)年1月、アメリカ・シリコンバレー(2回目)
平成26(2014)年9月、アメリカ・シリコンバレー(1回目)
平成25(2013)年5月、マカオ/澳門
平成25(2013)年5月、中国・深セン
平成25(2013)年5月、香港
平成25(2013)年1月、ベルギー・ブリュッセル
平成25(2013)年1月、ルクセンブルク
平成25(2013)年1月、ドイツ・ハイデルベルク
平成25(2013)年1月、ドイツ・フランクフルト
平成24(2012)年10月、今、シンガポールで暮らしています
平成24(2012)年9月、シンガポール進出 事前準備
平成23(2011)年11月、中国・上海&寧波
平成23(2011)年8月、ブルネイ・バンダル・スリ・ブガワン
平成23(2011)年2月、マレーシア・クアラルンプール
平成22(2010)年11月、インドネシア・ジャカルタ
平成22(2010)年11月、ベトナム・ハノイ
平成22(2010)年9月、ベトナム・ホーチミン  
平成22(2010)年8月、フィリピン・マニラ
平成22(2010)年8月、香港
平成22(2010)年6月、シンガーポール(2回目)
平成22(2010)年4月、シンガポール(1回目)
平成22(2010)年3月、オーストラリア・シドニー
平成20(2008)年2月、タイ・バンコク
平成17(2005)年5月、台湾・台北
平成16(2004)年11月、韓国・ソウル

(参考)
清教徒革命の指導者、オリバー・クロムウェルの英語の伝記
生と死、恋と魂。 「恋に落ちたシェイクスピア」の感想
「シナリオ対訳 恋におちたシェイクスピア」 セリフ難しい~
車の中で聴く英語CD 「Shakespeare's original pronunciation(BRITISH LIBRARY)」
車の中で聴く英語CD 2 「THE ESSENTIAL SHAKESPEARE LIVE」
「ハムレット」 24時間 - 仕事 - 睡眠 - 食事=シェイクスピアの英語の勉強
シェイクスピアの四大悲劇や名台詞(セリフ)
ラムの「シェイクスピア物語」を音読開始!
オードリー・ヘップバーンの「マイ・フェア・レディ」でコックニー訛りの勉強

「イギリス情報」 …人気ブログを見てみる
「ロンドン情報」 …人気ブログを見てみる
「ヨーロッパ旅行」 …人気ブログを見てみる
「海外旅行」 …人気ブログを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 イギリス旅行ブログ村 を見る

イギリス旅行ブログランキング

きょうのキーワード:イギリス - 英国 - ロンドン - イギリス人 - イギリス英語
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


▼ムラウチドットコムで 私たちと一緒に働きませんか?
IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人情報(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
採用・求人情報 - Web技術者、Webエンジニア、Webデザイナーなど


IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人職種一覧(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
募集職種一覧 - 勤務地: 東京都八王子市



 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2012年2月 9日 07:30
murauchi.comから読み込み中...

コメント

村内様
いつも元気を頂きながら、見ています。村内様のチャレンジ精神は本当に素晴らしいですね。村内様のブログを見ていて、私もThe Open University に興味が出てきました。日本事務局から資料を頂いてみたのですが、びっくりしたのは、日本事務局のサポート費が結構な値段であること。村内から見て、The Open University 日本事務局はいかがですか?

投稿者 山崎 : 2012年2月 9日 23:35

山崎さん
コメントありがとうございました。

お褒めいただきありがとうございます!
素直に受けとらせていただき
木に登ります(笑)

日本事務局さんはみんな親切ですよ。
僕も入学時にはずいぶんと助けられました。
但し、サポート費は、率直なところ
若干割高かな?と感じています。

ですが、べらぼうに高いということはありませんし、
何よりも逆説的ですが
まだあんまり日本人がいないので、

Open University入学=外国の環境にスッポリ入る

という感覚があって、
入学してとても良かったです。

このブログ記事のイギリス行きも、
この歳(43才)でありながら、
もの凄くエキサイティングな体験でした。
だって、日本人僕しかいなかったんですから ^^

もしこれが"英語で学べる国内MBA"ですと、
結局は日本人同士で英語でやってるだけで、
考え方もつき合い方も日本人。
ということで、MBAの勉強はできますが、
外国の文化や考え方をグローバルに学ぶことはできないと思います。

僕はせっかくイギリスの大学院に入ったので、
日本事務局さんうんぬんよりも、
できるだけイギリスの本コースの活動に
集中するようにしています。
日本事務局のサポート費だけを見ると、
結構な値段かもしれませんが、
トータルで見ると獲られるものは大きいと思っています。

本当は 20代の頃に、
オンラインではなく、実際にオックスフォードにでも
留学していれば最高だったのですが、
「後悔先に立たず」ということで
今できるベストのことは
この Open University で真剣に MBAを学びながら、
国際的な感覚を磨き続けることだと感じています。


山崎さん、ご質問ありがとうございました!

PS.
カッコイイこと書きましたが
実際は英語力のなさのため、
目下、防戦一方で大苦戦中です。ハッハッハ

投稿者 村内のぶひろ : 2012年2月10日 08:30

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

We are the muragons!!
muragon_logo.png
  ブログをつくろう♪⇒ 無料のブログ作成サービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記