CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう♪ ⇒ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

2006年 07月 28日(金) - 村内のぶひろ

宇和島・和霊大祭走り込みに感動(うわじま牛鬼まつり)
10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

宇和島和霊神社・和霊大祭

宇和島と宇和島の人々はエネルギッシュでした!
南予独特の温暖でおだやかな気候と
「蘭学をやるなら宇和島へ行け!」とかつて言われた
宇和島藩の歴史を物語るかのような独特な文化が実にすばらしかったです ^^


 

 
     左・宇和島市内          右:和霊神社(和霊様)

 
 
 

うわじま牛鬼まつり2006へ行きましたが、
若者に担ぎ上げられた「牛鬼(うしおに)」が現れました!
牛鬼 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

首を前後左右に振ってすごいすごい!
頭が鬼、体が牛なんだけど、なんだかユーモラスです!!
赤、ムラサキ、白、茶色などの牛鬼が街中や
和霊神社の境内を練り歩きました。


 
  
右:宇和島名物「鯛めし」、ごはんの上に鯛をぶっ掛ける豪快な味(^^)/


 
  
 

パレードなどが終わって、夜になって祭りのハイライト「走り込み」が
始まりました。太鼓橋から祭り太鼓が鳴り響き、川面にはたいまつの火が
映る幻想的な雰囲気の中、山車や牛鬼、そして最後に三体のお神輿が
和霊神社前の須賀川の水の中に入っていきます。

ドンドン、ドンドン・・・ 鳴り響く太鼓の音。
ワッショイワッショイ・・・ こだまする人々の掛け声。

川の中央に立てられていた長い竹のてっぺんに若者がのぼり、掴んだお札を
高々と掲げたときの大歓声にはゾクゾクきました!
そして、その瞬間に花火がボンボン、ボンボン惜しげもなく上がり始めました!
スゴーーい!!


宇和島ってすばらしい!
うつくしい宇和島!ドリーミング南予地方!
宇和島の人々が育んできたすばらしい歴史、伝統、文化。
東京にいたら味わえない感動、
東京とは違う温かさ。

日本という国がこの宇和島のような幾多の街から成り立っていて、
決して付け焼刃ではない多様性を持っていることが
よーくわかりました。

こういう素敵な街がたくさんあって、その地に文化を守り発展させていく
人々がいることが実に嬉しいです。
郷土に誇りを持って、独自の文化を育てていく気概が
この国を豊かにしていることは間違いないでしょう!!

ついつい、東京中心で、東京発のニュースをもとに世の中を
眺めてしまいますが、そんなんじゃないんだと思います日本と言う国は。
東京も含め、数々の都市や町、村が持つ文化が
独自に花開いていることがこの国の美しさでしょう!

勇壮な祭りのフィナーレの余韻に浸り、そんなことを考えながら、
ゆらゆらと揺れるたいまつの火と
それを映し出す須賀川の川面をいつまでも眺めていました。
和霊さまの前でひとつになった宇和島の人々の
エネルギーに感動したすばらしい一夜でした(^o^)/


大村益次郎(村田蔵六)の墓
大村益次郎が宇和島藩に出仕していたときに住んでいた場所。
日本陸軍の創始者大村益次郎が約150年前にここに住んでいたのかと思うと、
感慨深いです。


▼今回の四国旅行コース
 宇和島闘牛大会(和霊大祭場所)に大興奮!
 宇和島・和霊大祭走り込みに感動(うわじま牛鬼まつり)
 宇和海がキラキラ輝き、三原村はまぶしい緑色
 夏の土佐・四万十川、日本最後の清流に感動
 足摺ホエールウォッチングで大惨敗
 四国カルストでハイジとダンス
 郷里に眠る幸徳秋水(伝次郎)
 
▼平成21年の四国旅行
高知県桂浜で、坂本龍馬と土佐闘犬を見ました
土佐の高知のはりまや橋で、坊さんかんざし買うを見た。
豪快!パワフル!エネルギッシュ!高知・よさこい祭り
土佐電鉄。土佐のすばらしい風土の中を走る電車。
土佐和紙 「いの町 紙の博物館(高知県吾川郡)
土讃本線「南風16号」と徳島線で高知から徳島へ
ビバ阿波おどり - のぶひろ、本場徳島・にわか連で“踊る阿呆”に
ウェルかめ!ウミガメの産卵!日和佐うみがめ博物館・カレッタ(徳島県大浜海岸)
 
▼平成27年の高知旅行
高知へ: 雪を頂く1月の富士山を空から拝む。そしてまち・ゆうき君との出会い
高知へ: 高知城やき、山内一豊になりきり天守から城下を眺望
高知へ: とさでん交通と輝く土佐の海、オレンジの土佐の海
高知へ: 追手筋の日曜市、はりまや橋の上で成人式の振袖娘2人と
高知へ: 高知市内散策、おーい龍馬!日本の夜明けは近いぜよ!

▼平成28年2月の岡山・香川・高知旅行
香川県立ミュージアム 空海室で「弘法大師」の生涯と事績勉強
瀬戸大橋を快速マリンライナーで渡って岡山へ
「一陽来福」いざ西大寺会陽の舞台・岡山市西大寺へ!
西大寺会陽(はだか祭り)前編 - 平成28年"日本三大奇祭"
西大寺会陽 中編 - 会陽冬花火、六根清浄、裸群のくり込み、垢離取場
西大寺会陽 後編 - 本堂の大床、宝木投入、宝木争奪戦、枝宝木
西大寺 → 岡山 → 瀬戸大橋 → 坂出 → 善通寺
「しっぽくうどん」空海生誕の地の讃岐うどんはウマい!
善通寺: 四国遍路 第75番札所(弘法大師御誕生所)
曼荼羅寺: 四国遍路 第72番札所
出釈迦寺: 四国遍路 第73番札所
丸亀 シャッター商店街、丸亀城、古い家々、骨付鳥
空海修行の地!室戸岬・御厨人窟&神明窟 四国八十八箇所番外札所(霊場)
出釈迦寺 奥の院捨身ヶ嶽禅定(お大師様 捨身の行場)
捨身ヶ嶽禅定 護摩壇で見た 泣き悲しみ懺悔する男の人

▼平成28年10月の高知・松山・香川旅行
羽田→高知: とさでん乗って自由民権運動記念館へ 植木枝盛と会う
松山: 伊予鉄道&松山商&坂の上の雲ミュージアム
松山: 夜の松山散歩 大街道、銀天街、キャバレー「ムーランルージュ」
松山→高松: 予讃本線 特急「いしづち」の豊かな秋の車窓
四国: 美の競演♪ ミス高知、高松ゆめ大使、阿波おどり大使が大集合、大激写!
高松: 夜の高松散歩、ウクレレ弾きの少女の心に染みる歌声
高松→琴平: ことでん電車の清らかな車窓に心底癒される
琴平: 幸福の黄色いお守り目指し、こんぴらさん(金刀比羅宮)へ
琴平: しあわせさん。こんぴらさん。 ご利益求め苦しいけど神々しい絶景の金比羅参り。
琴平: こんぴらうどん&嫁入りおいりソフトクリームは美味~
高松→羽田: 淡路島、真オレンジに染まる伊勢湾と渥美半島(飛行機からの眺め)
 
(参考)
宇和島 鯛めしおにぎり 愛媛県宇和海産の真鯛だから旨い!

↓世の中いろんな人がいる \(^O^)/
にほんブログ村 愛媛ブログランキング
愛媛情報ブログランキング


きょうのキーワード:和霊大祭 - 牛鬼まつり - 大興奮
「社長ブログ」 バックナンバーを見る


▼ムラウチドットコムで 私たちと一緒に働きませんか?
IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人情報(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
採用・求人情報 - Web技術者、Webエンジニア、Webデザイナーなど


IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人職種一覧(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
募集職種一覧 - 勤務地: 東京都八王子市



 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2006年7月28日 12:52
murauchi.comから読み込み中...

コメント

和霊神社と言ったら、宇和島城主伊達十万石、初代藩主伊達秀宗の家老職総奉行、山家清兵衛公頼が藩財政の立て直しと民力の充実に努め、その職にあること5年間、治績もあがり領民の敬慕も受けた。しかし、反対派の中傷を信じた藩主秀宗は、元和6年(1620)6月29日、侍大将桜田玄蕃一派の武士数十人に清兵衛を襲撃・殺害させた。清兵衛の次男、三男、四男、縁故者までが殺害された。
清兵衛の徳を慕う領民は、この凶変を悲しみ、密かに城北森安の八面荒神境内に小さな祠を建て、山家一族を祀って、児玉明神と称した。遠近からの参拝者が日増しに増え、不思議なことも多く起り、やがて清兵衛の無実も判明するに至った。秀宗は大いに反省し、京都の吉田家に願い出て、承応2年(1653)に神社を建立し、山頼和霊神社と崇めた神社であり。
宝暦十二年(1762)龍馬の祖先である才谷屋三代目「八郎兵衛直益」が山家清兵衛公頼に感銘、その御霊を坂本家の守護神にしようと分霊して、現在の高知市神田字才谷山に建立した。
当時は坂本家の所領地で桜の名所だったそうで、文久二年(1862)3月24日、脱藩の決意を固めた28歳の龍馬は、吉野(現在の神田)に花見に行く」と言い残し、同志・沢村惣之丞とともに水杯をして旅だったと言われている。
と、明治維新に関連する由緒ある神社ではないですか!
羨ましい~~~~~~~~~~~(^_^)

投稿者 迷惑なEDDY MERCKX : 2006年7月28日 17:16

  迷惑なEDDY MERCKXはん は分かる事が多いね。
凄い人どすえ。まるで専門家どすえ。
 
 天津甘栗?日本も天津甘栗が有るか?

 日本の夏祭りはどえらい賑やかね。夜は一番賑やか
でっしゃろ。うちは憧れるね~。花火はどえらい美しい
どすえ。綺麗な夜どす。うちは忘れらへんのやなぁ~。

 ではでは

                 上海boyより

 

投稿者 上海boy : 2006年7月28日 21:55

上海boyさん
コメントありがとうございました。
夏の花火・・・
様々な思いが去来して素敵ですよね ^^

EDDYさん
コメントありがとうございました。
坂本龍馬とも関係があったんですね!

投稿者 のぶひろ : 2006年7月28日 22:49

上海boyさん、お褒め頂き有り難う御座います。でも私の知識は広く浅くなので役に立ちませんが(>_<)

天津甘栗は、現在は沢山のメーカー・お店で販売されてます。

天津甘栗はじめ物語は、焼き栗が大変に珍しい時代、明治後半~大正初期にかけて中国からやって来た人が小量の栗を焼いて売っていた程度でした。
そこで天津甘栗を商う会社が東京に3社、大阪に1社登場し、本格的に天津甘栗を販売し始めたのが最初だと言われてます。

最近では、天津甘栗の他に甘栗ソフトクリームがあります。
しかも、コンビにやスーパーでは、最初かわ皮を剥いて袋詰めいた、剥き栗が売れてます。
私としては、手を黒くして剥きながら食べる天津甘栗の方が大好きで、何故だか食べ始めたら止まりません。

投稿者 迷惑なEDDY MERCKX : 2006年7月28日 23:31

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

»  8 コンヤーレ  (2) from ブログ人
      ブログ小説            夕陽・少年隊            [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年6月 4日 03:35

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

We are the muragons!!
muragon_logo.png
  ブログをつくろう♪⇒ 無料のブログ作成サービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記