CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2012年 03月 08日(木) - 村内のぶひろ

イギリス ロンドン旅行記 19 「万国の労働者、団結せよ!」 マルクスのお墓参り
11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

イギリス・ロンドン499
続いて、The world's most influential political philosopher
カール・マルクス(KARL MARX)の墓参りです。
「万国の労働者、団結せよ!」・・・ですね。

地下鉄、アーチウェイ(Archway)駅で降りて、
マルクスおじさんのお墓のある
ハイゲイト墓地 東区画(Highgate Cemetery East)に向かいます。
駅の改札を出たところに墓地への行き方が貼ってありました。

バスの143,210,271のどれかに乗って
Waterlow Park前で降りろとのことです。


イギリス・ロンドン500
アーチウェイ(Archway)駅前

イギリス・ロンドン501
ハイゲイト墓地(Highgate Cemetery)

駅からバスに乗って 4,5分でつきました。
公園(Waterlow Park)内を真っ直ぐに通り抜けると墓地が現れます。

イギリス・ロンドン502
墓地なのに入場料がいりましたw
でも、Open Universityの国際学生証を提示して
割り引いてもらいました。

ちょっと雨がパラつきましたが、
すぐにやみました。

イギリス・ロンドン503
ハイゲイト墓地内の様子

イギリス・ロンドン504

イギリス・ロンドン505

イギリス・ロンドン506

イギリス・ロンドン507
墓碑を読んでいると、肉親や知人友人の死を悼む気持ちは
古今東西まったく変わらないようです。

イギリス・ロンドン508

イギリス・ロンドン509

イギリス・ロンドン510
カール・マルクスのお墓発見!

イギリス・ロンドン511

イギリス・ロンドン512

MARX Karl Heinrich, 1818-1883
The world's most influential political philosopher. Britain's most famous refugee and
Highgate Cemetery's most visited resident. Marx was originally buried in a secluded
spot about 150 metres behind his current grave. His funeral was modest (not more that
a dozen attended) as was his memorial stone but as his influence grew, the number of
visitors steadily increased and the remains of all those buried in the original grave
had to be removed to this more accessible plot in 1956. The plot was purchased by public
subscription and is owned by Trustees associated with the Marx Memorial Library. The
new memorial was sculpted by Laurence Bradshaw and dates from then but the inscription
tablet is the original. His daughter Eleanor (1855-1898) was a political activist and
wrote on many political and social matters including the Woman Question. She was also
one of the founders of the Socialist League. In her personal life, she lived, unmarried,
with fellow socialist Edward Aveling but the relationship became increasingly unhappy
and she committed suicide. Her ashes, held elsewhere for 60 years, were placed in the
new grave in 1956 and her name added to the inscription tablet.
(パンフレットより)


イギリス・ロンドン513
マルクス、世界史の巨人です。

イギリス・ロンドン514
ハイゲイト墓地の出口(兼入口)

イギリス・ロンドン515
ハイゲイト墓地の前の坂道

この坂道も味がある坂道でした。
行きは公園内を通ってきたのですが、
帰りはこの坂道を上ってアーチウェイ駅へと向かいました。

ロンドンは街歩きが楽しいです。

それでも、
最初はレンガの建物だー
うおー二階建てバスだー
金髪の白人がたくさーん
なんて思ってましたが、
さすがにもう慣れてきました。
人間の順応力は凄いですね!
 
 
村内伸弘@ムラウチ ドットコム

英国/イギリス
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

 
▼今回のイギリス ロンドン旅行記
イギリス ロンドン旅行記 01 約20年ぶりにロンドンへ
イギリス ロンドン旅行記 02 ヒースローエクスプレスと SOHO徘徊
イギリス ロンドン旅行記 03 ピカデリーサーカスとチューブ(地下鉄)
イギリス ロンドン旅行記 04 ロマンチックホテルとハイドパーク
イギリス ロンドン旅行記 05 イギリス ロンドン旅行記 05 "パンク"誕生の地 キングスロード 430番地
イギリス ロンドン旅行記 06 二階建てバスに乗り、バッキンガム宮殿へ
イギリス ロンドン旅行記 07 チャーチル博物館とウェストミンスター寺院
イギリス ロンドン旅行記 08 ウェストミンスター宮殿&ビッグベン
イギリス ロンドン旅行記 09 NHSを守れ、ホースガーズ、トラファルガー広場
イギリス ロンドン旅行記 10 スピーカーズコーナーでイスラム教団体の大集会
イギリス ロンドン旅行記 11 駅舎うつくしきパディントン駅
イギリス ロンドン旅行記 12 ロンドン-オックスフォードの車窓から
イギリス ロンドン旅行記 13 オックスフォード街歩き
イギリス ロンドン旅行記 14 ディドコットパークウェイ駅から世界へ出発
イギリス ロンドン旅行記 15 Open University レジデンシャルスクール
イギリス ロンドン旅行記 16 "マイフェアレディ"なコヴェントガーデン♪
イギリス ロンドン旅行記 17 移民と労働者階級のちょっと危ない街
イギリス ロンドン旅行記 18 ポートベローマーケット(のみの市)
イギリス ロンドン旅行記 19 「万国の労働者、団結せよ!」 マルクスのお墓参り
イギリス ロンドン旅行記 20 クレイヴンコテージで フラム対ニューカッスル
イギリス ロンドン旅行記 21 IRON LADY、タワーブリッジ、ロンドン塔
イギリス ロンドン旅行記 22 シティとセントポール大聖堂
イギリス ロンドン旅行記 23 シェイクスピア・グローブ座、大英博物館
 
▼海外旅行記
平成27(2015)年12月、オーストラリア・ケアンズ
平成27(2015)年1月、アメリカ・シリコンバレー(2回目)
平成26(2014)年9月、アメリカ・シリコンバレー(1回目)
平成25(2013)年5月、マカオ/澳門
平成25(2013)年5月、中国・深セン
平成25(2013)年5月、香港
平成25(2013)年1月、ベルギー・ブリュッセル
平成25(2013)年1月、ルクセンブルク
平成25(2013)年1月、ドイツ・ハイデルベルク
平成25(2013)年1月、ドイツ・フランクフルト
平成24(2012)年10月、今、シンガポールで暮らしています
平成24(2012)年9月、シンガポール進出 事前準備
平成23(2011)年11月、中国・上海&寧波
平成23(2011)年8月、ブルネイ・バンダル・スリ・ブガワン
平成23(2011)年2月、マレーシア・クアラルンプール
平成22(2010)年11月、インドネシア・ジャカルタ
平成22(2010)年11月、ベトナム・ハノイ
平成22(2010)年9月、ベトナム・ホーチミン  
平成22(2010)年8月、フィリピン・マニラ
平成22(2010)年8月、香港
平成22(2010)年6月、シンガーポール(2回目)
平成22(2010)年4月、シンガポール(1回目)
平成22(2010)年3月、オーストラリア・シドニー
平成20(2008)年2月、タイ・バンコク
平成17(2005)年5月、台湾・台北
平成16(2004)年11月、韓国・ソウル

(参考)
生と死、恋と魂。 「恋に落ちたシェイクスピア」の感想
「シナリオ対訳 恋におちたシェイクスピア」 セリフ難しい~
車の中で聴く英語CD 「Shakespeare's original pronunciation(BRITISH LIBRARY)」
車の中で聴く英語CD 2 「THE ESSENTIAL SHAKESPEARE LIVE」
「ハムレット」 24時間 - 仕事 - 睡眠 - 食事=シェイクスピアの英語の勉強
シェイクスピアの四大悲劇や名台詞(セリフ)
ラムの「シェイクスピア物語」を音読開始!
オードリー・ヘップバーンの「マイ・フェア・レディ」でコックニー訛りの勉強

「イギリス情報」 …人気ブログを見てみる
「ロンドン情報」 …人気ブログを見てみる
「ヨーロッパ旅行」 …人気ブログを見てみる
「海外旅行」 …人気ブログを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 イギリス旅行ブログ村 を見る

イギリス旅行ブログランキング

きょうのキーワード:イギリス - 英国 - ロンドン - イギリス人 - イギリス英語
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2012年3月 8日 07:52
murauchi.comから読み込み中...

コメント

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記