CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2008年 01月 21日(月) - 村内のぶひろ

筑豊炭田: 福岡県飯塚市の筑豊富士(ボタ山)
10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉全一覧(バックナンバー)

chikuhoufuji_02.jpg
ボタ山 / 筑豊のシンボル・筑豊富士 (飯塚市忠隈)

chikuhoufuji_01.jpg
ボタ山 / 石炭産業の遺産・筑豊富士 (飯塚市忠隈)


ボタ山とは、石炭を採掘するときに残る
燃えない石(ボタ)などの集積場のことです。
ですので、自然の山ではなく、
平地が徐々に“山”になっていくわけです。

それにしても、この日の夕方僕が見た
この筑豊富士の秀麗さはすばらしかったです。

日本一のボタ山だそうです。
大正時代から半世紀近くかけて積み上がった
まさに筑豊のシンボルです。
特に上の写真は自分でもうまく撮れたと思ってますが、
実際に自分自身の目で、
筑豊の空気を吸いながら眺めていたら
さまざまなことが頭をよぎりました。

ある種、近代日本の原風景的な感じがしました!

(参考)
九州ロマンチック街道さん 「ボタ山の朝




chikuhoufuji_03.jpg chikuhoufuji_07.jpg

飯塚まで来たんだからと、新飯塚駅近くにある
あの「ローゼン閣下」麻生太郎代議士(次の総理かな?)の生家も
見てきちゃいました。実際にまだ人が住んでいると思うので
中には入れませんでしたよ(笑い)

麻生家の別荘でもある「麻生大浦荘」も近くにありましたが
こちらも“進入禁止”という看板がでていて、
やはり入れませんでした。

家も別荘もとてつもなくデカかったです!!
さすが「麻生総理」?


chikuhoufuji_08.jpg chikuhoufuji_09.jpg
(左)福岡空港  (右)羽田空港:八王子行きのリムジンバス乗り場


▼今回の元寇・筑豊炭田旅行コース
 筥崎宮と元寇資料館、日蓮上人像、亀山上皇像
 蒙古襲来!神風を呼び寄せた元寇防塁
 筑豊炭田: 炭坑節と石炭・歴史博物館(福岡県田川市)
 筑豊炭田: 飯塚市の筑豊富士(ボタ山)


村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「福岡・博多や福岡旅行」 …ブログコミュニティを見てみる
「福岡の美味しいもの♪」 …ブログコミュニティを見てみる
「福岡ソフトバンクホークス」 …ブログコミュニティを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 福岡情報ブログ村 を見る

福岡情報ブログランキング

きょうのキーワード:筑豊炭田 - ボタ山
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2008年1月21日 12:05
murauchi.comから読み込み中...

コメント

 そういえば

 夏に九州いきましたが・・・


  このあたりは


  素通り してしまいました・・・

   いろいろ 歴史があるものですね~~

 

投稿者 気楽なおじ : 2008年1月21日 12:12

気楽なおじさん
コメントありがとうございました。

大宰府とか湯布院とか阿蘇なんかは
メジャーですけど、
僕が回るところはだんだんと
マイナーになってきています(笑い)

今回の元寇(蒙古襲来)の遺跡とか
筑豊炭田とかはまったく観光化されていませんが
それぞれ奥深い歴史があって、
そこに僕たちの父祖の
血と汗と涙が染みこんでいます。

日本中、どの土地もどの土地も
僕らの先輩たちの逝きにし場所ですので
やはり魂ふるえることが多いです。
 

投稿者 のぶひろ : 2008年1月21日 12:22

 「 魂ふるえる 」


    いい言葉です~~
 

  のぶひろ の感動が

   素直に 伝わってきます


投稿者 気楽なおじ : 2008年1月21日 15:51

気楽なおじさん
ありがとうございました!


 旧石器時代
 縄文時代
 弥生時代
 古墳時代
 飛鳥時代
 奈良時代
 平安時代
 鎌倉時代
 室町時代(南北朝時代/戦国時代)
 安土桃山時代
 江戸時代
 明治時代
 大正時代
 昭和時代

と連綿と続いた各時代のできごとや
時代の雰囲気を知れば知るほど、
日本という国を「平成」の視点だけからで
見てはいけないということに気づきます。

この長い歴史の間に、日本列島の中で
幾多の人間の生き死にがあったわけで
各地を旅するとその重みを実感します。


田川の石炭歴史博物館で
石炭の採炭現場のすさまじい状況を学んだ直後に
訪れたこの筑豊富士もそうでした。

このボタ山が持つ歴史、
このボタ山が果たした役割を思うと
やはり「魂がふるえちゃいます」(*^o^*)

「足に魂込めました。」って人もいましたよ~w
https://murauchi.info/weblog/2006/09/post_577.html

投稿者 のぶひろ : 2008年1月21日 23:42

ムラウチ社長様
うちのブログを訪問してくださってありがとうございました。
うちのブログは、九州の知られざる観光スポットの紹介にも重点を置いていますので、よかったらまた訪問してください。

麻生太郎氏の生家にも行かれたんですね。
そういえば、もうずいぶん昔のことですが、父が麻生家と面識があったので、「麻生大浦荘」での麻生太郎氏の結婚披露パーティに招待されました。
僕が父の車で送っていきましたが、駐車場はほとんどが黒塗りのセンチュリーやベンツで、父の白いカローラがひときわ目立っていました。(笑)

投稿者 J-マッチ : 2008年1月22日 00:04

そういえば、25年前に撮影した飯塚のボタ山の写真がありました。
http://kariud.exblog.jp/5873913/

投稿者 J-マッチ : 2008年1月22日 00:24

J-マッチさん
こちらこそコメントありがとうございました。

麻生太郎さんの結婚披露パーティー!!
すごい会に行かれたんですねっ
黒塗りの車の中に白いカローラで乗り込んだのも
ある意味すごい武勇伝ですね(笑い)

http://kariud.exblog.jp/5873913/
   ↑↑↑
「25年前の飯塚のボタ山」見させていただきました。
素晴らしい写真です、
美しい写真です、
そしてノスタルジックな写真です!
J-マッチさん、ありがとうございました。
感動しました!!


▼九州はすばらしいですよね、僕はもちろん全県行ってます(^^)
福岡県
https://murauchi.info/weblog/1968/03/post_190.html
佐賀県
https://murauchi.info/weblog/1968/03/post_189.html
長崎県
https://murauchi.info/weblog/1968/03/post_188.html
熊本県
https://murauchi.info/weblog/1968/03/post_187.html
大分県
https://murauchi.info/weblog/1968/03/post_186.html
宮崎県
https://murauchi.info/weblog/1968/03/post_185.html
鹿児島県
https://murauchi.info/weblog/1968/03/post_184.html
沖縄県
https://murauchi.info/weblog/1968/03/post_183.html
 

投稿者 のぶひろ : 2008年1月22日 12:22

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

10.歴史・文化 , 11.旅行・温泉 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記