CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2007年 08月 29日(水) - 村内のぶひろ

熊野詣 三山信仰と文化(五来 重 著)
10.歴史・文化 , 13.読書・音楽全一覧(バックナンバー)

熊野詣 三山信仰と文化(五来 重 著)


熊野詣 三山信仰と文化(講談社学術文庫)」を読みました。

熊野古道を歩く ~人はなぜ熊野をめざすのか~」を
読み終わったら、もっともっと熊野のことを知りたくなってしまい、
ネット書店の「買い物カゴに入れる」を
クリックしてしまいましたw


この本の著者である故・五来 重(ごらい しげる) さんは
仏教民俗学の大家。熊野信仰についての
この本も内容は抜群でした!

修験道や民俗学の豊富な知識をベースに
民衆の立場から見た“熊野信仰”がよく描かれています。
これ一冊読むだけで“熊野古道”の景色は
一変するのではないでしょうか?

単なる物見遊山ではなく、
なぜ熊野古道がにほんや世界の人々にとって遺産なのか?
この一冊に凝縮されているような気がしました。
手軽に手に入るし、文庫本ですから
僕の“熊野詣”の時にはポケットに入れていきます!


「死者の国・熊野」「浄土・熊野」、
霊鳥・烏(カラス)の話、水葬としての補陀落渡海、
犯した罪を背負い悩む一遍上人、
ハンセン病と小栗街道の奇蹟などなど
どの章もどの章も読みごたえ充分で
まったく無駄な文章がありません。

五来さんは
上皇たちの御幸の数や貴族たちの遺物だけが
熊野文化というのには我慢がならない、
熊野古道は庶民の汗と涙がしみこんだ
庶民のための道なのだと強く訴えていらっしゃいました。

またまた熊野古道を歩いてみたくなっちゃいました。

(参考)
▼熊野・大阪 旅行
1: 美しき紀の国(木の国)!紀伊半島を空中から眺める。和歌山到着。
2: 南紀白浜空港から日本最古の温泉地・湯の峰温泉へ移動
3: 赤木越え(湯の峰温泉→赤木越分岐/船玉神社)で "熊野詣で" スタート!
4: 中辺路を歩く(船玉神社~"熊野本宮大社の神域の入口" 発心門王子)
5: 中辺路ラストスパート(発心門王子~熊野本宮大社)
6: 熊野本宮大社!一遍上人「熊野成道」の現場・大斎原、熊野川へ
7: 日本最古の湯・和歌山県湯の峰温泉で世界遺産「つぼ湯」に浸かる
8: 小栗判官の車塚、きらめく聖なる熊野川、北山川
9: 日本最古の神社「花の窟(いわや)神社」と光り輝く熊野灘
10: "空青し山青し海青し" 新宮市の熊野速玉大社(新宮)へ
11: 神倉神社(神倉山)の鎌倉式石段、ゴトビキ岩、お灯祭り
12: 荘厳な大門坂、熊野古道の代表的景観を歩く
13: 赤松一刀彫り・木彫り八咫烏と那智大社・青岸渡寺
14: "神の滝" 那智の滝は世界遺産!落差日本一!日本三名瀑!
15: 補陀洛渡海最大の聖地・補陀洛山寺へ
16: 那智~白浜~特急くろしおで大阪・天王寺へ
大阪: 天王寺駅前のカプセルホテルに泊まる(アーベイ天王寺ホテル)
ディープな大阪・西成: ドヤ街潜入!"日本で唯一暴動がおこる街" あいりん地区(釜ヶ崎)へ
ディープな西成区: 「はよ 死に神来んかいな?」 自由気まま、でも死にたいおじさんとの会話
大阪: 四天王寺 - 一遍上人が「賦算(人々に念仏札を配る)」を開始したお寺

五来重 「熊野詣 三山信仰と文化」再読で "死者の国" 熊野古道行きに備える
「熊野古道を歩く」- 世界遺産・熊野古道 今度こそ中辺路歩いてきます
「熊野古道を歩く ~人はなぜ熊野をめざすのか~」
一遍聖絵
一遍上人語録(付 播州法語集)
国宝絵巻「一遍聖絵」の見方(鑑賞方法)… 行きました!「国宝 一遍聖絵」展
栗田勇著 一遍上人愛蔵本: 捨ててこそ生きる 一遍 遊行上人
梅原猛の仏教の授業 法然 親鸞 一遍 "すべての人は必ず救われる!"
柳宗悦 晩年の最高傑作「南無阿弥陀仏」を読み、浄土思想=他力道を学ぶ。
日本経済新聞 美の美 「踊るひじり 一遍」が素晴らしかった


村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「和歌山」 …ブログコミュニティを見てみる
「日本の世界遺産」 …ブログコミュニティを見てみる
「世界遺産」 …ブログコミュニティを見てみる

▼世の中いろんな人がいる \(^O^)/
ブログ検索サイト 民俗・民族学ブログ村 を見る

民俗・民族学ブログランキング

※このブログ記事は特定の宗教や宗派を応援するものではありません。
  また、株式会社ムラウチドットコムとも一切関係がなく、
  村内伸弘個人のプライベートな私的感想ですので予めご承知おきください(^^)

きょうのキーワード:熊野詣 - 熊野信仰 - 熊野古道
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2007年8月29日 02:18
murauchi.comから読み込み中...

コメント

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

10.歴史・文化 , 13.読書・音楽 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記