CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2006年 12月 22日(金) - 村内のぶひろ

ロボットの日本人(日本人ロボット)が4000万人に?
09.政治・社会 , 18.女性♀・子供 , 22.雑感全一覧(バックナンバー)

日本の将来推計人口が国立社会保障・人口問題研究所から発表され、
今後50年間で日本人が4000万人近く減少するという
衝撃的なニュースが流れました。

ぼくは思いますよ。
「8000万人もいればイイんじゃない?」

明治以降の日本の人口の変化
有史以来の日本の人口の変化


上記の別の資料を見ても改めてそう感じます。
中国やインドのように日本人を 10億人に増やそうという政策は非現実的、
そもそも 2億人にしようという考え方すらあり得ません。
晩婚化、未婚化(非婚化)、育児の経済的負担、女性の社会進出などを考えても
現在の人口をなんとか維持しようという発想を捨ててみてもよいのでは
ないでしょうか?


国際競争力や経済成長率の低下、税収の減少、社会保障の負担増などの
諸問題が発生するリスクはありますが
必ずしも日本を破滅に導くものでもないんじゃないかと感じます。
なにしろ、日本は世界最先端で少子高齢化を突っ走っていて
世界的に見ても前例がない話ですので解決策は自分達自身で
考えなければなりませんし、続いてくる先進国のモデルにもなるわけです。
ようは発想力です!


それじゃあ、少子化対策には何が有効なのか?

・・・考えてみました。

ジャーーン!!
人口が4000万人減るんだったら、
日本人の心を持ったヒューマノイドロボット(人間型二足歩行ロボット)
4000万人産み落とせばよいのではないでしょうか?
そう、夢にまで見た鉄腕アトムの世界です。

僕がイメージする2055年の日本は
 ・人間の日本人 8000万人
 ・ロボットの日本人 4000万人



人間の日本人2人に対して
ロボットの日本人1人という割合です。

国家も会社と同じで大企業でなくても勝ち残りは充分可能です、
世界最先端の科学技術やIT技術と
世界最高のロボット比率(ロボット比率33%)ならではの高効率・低コスト運営、
それによる国際競争力や経済成長率の維持。

考えていかねばならないことは多々あるでしょうが、
日本は中国やインドのように人間を増やすモデルではなく、
日本国民としてのロボットと共生するモデルを模索する道がベストです。
(=1人1人の人間の日本人を大切にして、人間はより人間的な部分に特化していくという意味です)

まさに、これは日本という国にしかできないことで
日本という国が人類全体に貢献できる仕事ではないでしょうか?

2006年という視点でものを考えると
ごく当たりまえの世間一般で議論されている論調になってしまいますが、
2055年という未来から現在を眺めると
民族の心を持ったロボット君たちに国富を生み出す能力があることに
注目すべきだと思います(笑い)

(参考)
死ぬときに後悔することベスト10(ワースト10?)
100万人が生まれ、100万人が死ぬ国
猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?
アジアの人口 2010年→ 2030年→ 2050年
縮む日本!人口減少社会の基本と仕組みがよ~くわかる本を読破
「2100年、人口3分の1の日本」 日本の衝撃的未来予想図を読破
「人口から読む日本の歴史(少子化問題を論ずる前に読む本)」は衝撃的な日本史
名著「忘れられた日本人(宮本常一)」に深く驚嘆!感激!

村内伸弘@ムラウチ ドットコム

↓世の中いろんな人がいる \(^O^)/
ブログポータルサイト ロボットブログ村
ロボットブログランキング

きょうのキーワード:日本人ロボット - 少子化対策 - ヒューマノイドロボット
「社長ブログ」 バックナンバーを見る


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2006年12月22日 10:24
murauchi.comから読み込み中...

コメント

ムラウチ社長。こんにちは。syn3です。

訪問したら、「少子化の記事」。
これは、トラバせねばならないと思いペンをとった・・。
な、訳なくキーボードを叩いてます。

ロボットですか。こりゃまた、大胆な。
その頃には、アシモ君も何代目になっているでしょうかね?

僕の記事もおもろいですよ。興味があったら、見に来てください。では、また。

投稿者 syn3 : 2006年12月23日 14:56

syn3さん
「少子化は日本だけじゃない!!」読ませていただきました。
ほぼ同じ論調ですね!
確かに地球上の人類の総人口が100億人とか、
200億人、場合によって500億人とかになったら
たいへんそうですね ^^

そうなったら
宇宙移住などしか手がかもしれないですね!
日本人は世界の先陣を切って火星や月に入植するとか、
宇宙開発に力を入れて
宇宙移民政策を推し進めるようです(笑い)


ロボットは大胆でしたかw
でも synさんのブログを読んで考え方を変えました。

僕がイメージする2055年の日本(改訂版)
 ・日本にいる人間の日本人 6000万人
 ・宇宙にいる人間の日本人 2000万人
 ・日本にいるロボットの日本人 3000万人
 ・宇宙にいるロボットの日本人 1000万人


ははは、完全にSFの世界ですね(爆笑)
でも、これからの50年って
想像を絶する劇的な進化がありますよ、
必ず。

投稿者 のぶひろ : 2006年12月24日 00:11

核融合炉の実用化は、21世紀半ばが目標らしいです。
実用化すれば、エネルギーはほぼタダで無尽蔵に使えることになります。 

そうなれば、石油は化学製品などに特化して使えるので、炭素水素化合物として、食料の合成も可能でしょう。 ただ、遺伝子組み替え大豆でさえ食べない、日本人がそれを口にするかは疑問ですが・・・。

基本的に食料は、耕地面積や飼育面積が増えない限り大きく収穫することはできないので、宇宙に出るとしても食糧問題のくびきからは逃れられないと考えます。

エネルギーが無尽蔵でも、耕地面積及び飼育面積には限りがありますからね~。 

投稿者 syn3 : 2006年12月24日 22:31

syn3さん
参りました!
確かに宇宙へ移住して、エネルギーが無尽蔵でも
食料問題が解決できないですね。

そもそも50年後に人類が宇宙に住めるかという
根本的な問題がありますが(笑い)


僕は知識もなく思いつきで書いていますので
現実的な技術水準や技術の可能性を知ると
やはり選択肢が狭まってしまうようですね。


まあ、人類というよりも日本自体の
食料自給率が低いので
現在は飽食の時代ですが、
長期的に見ると餓死者が出るような時代を
迎えてしまう確率はゼロではありませんので
まずは日々目の前にでてくる食事を
有難くいただいていきたいと思います。

投稿者 のぶひろ : 2006年12月24日 23:33

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

» 都の税収、過去最高の4兆9千億円に バブル期上回る from 総合情報ニュース徒然草
東京都の税収がバブル期を上回る金額となり、過去最高金額になるらしい。」  これまでも、現在の企業業績がバブル期に迫る勢い等の報道を見てきたが、一般レベルに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年1月18日 10:40

» 少子化が世界を救う from 吉備国発パンドラ屋 syn3 の毎天是好日子
少子化は日本だけじゃない!!まず、少子化が日本だけの事ではない、事を見てもらいましょう。1)合計特殊出産率http://www2.ttcn.ne.jp/~hon... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月23日 14:47

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

09.政治・社会 , 18.女性♀・子供 , 22.雑感 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記