CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう♪ ⇒ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

2008年 09月 10日(水) - 村内のぶひろ

石にかじりついても職責を尽くす気概 (中曽根元首相)
04.経営・仕事 , 09.政治・社会 , 14.格言・詩歌句全一覧(バックナンバー)

--福田首相の辞任表明に対して--
「首相は石にかじりついても職責を尽くすものであり、
 気概が薄れている。首相がサラリーマン化した。
 日本の民主主義が弱まっている」(中曽根康弘)



この秋は雨か嵐か知らねども 今日のつとめの田草とるなり」 と
詠っていた福田康夫首相が安倍晋三前首相と
同じように政権を投げ出してしまいました。
(後任を決める自民党総裁選は今日10日告示)

僕は商人ですので、
特定の政党や政治家を支援しませんし、
その気もサラサラありませんが、
安倍、福田と続いた世襲議員の
政権放り出し劇を見ていて、
中曽根元首相のことを思い出しました。


福田さんや安倍さんの辞任とちがって
2003年(平成15年)、当時の小泉首相に
引退勧告を受けた際の中曽根元首相の
議員バッジ(職責)への執念はすごかったです!!

当時、その引き際(往生際?)に賛否両論が
渦巻いたことは記憶に新しいですが、まさに
暮れてなお 命の限り 蝉しぐれ」という
自作の句のような生き様をそこに感じたことを
僕は鮮烈に覚えています。


ちょうど、その年の暮れに中曽根さんが
竹村健一さんとの共著で緊急出版した
「命の限り 蝉しぐれ(徳間書店)」という本を僕は蔵書してるんですが、
今、読み返してみても、ド迫力です!!
この本には異様な狂気を感じます。
傑出したリーダーの執念とはこういうものなのかと愕然とします。
中曽根さんの本は何冊も読んだんですが、
なんたってこの本が持つ、恐ろしい雰囲気は突出しています!!
郵政解散の時の小泉さんの殺気と同じ種類のものです)

※以下、「命の限り 蝉しぐれ」からの引用


「まえがき」


日本が戦後の焼け野原から
高度経済成長を果たしたのは、
戦争へ行って帰ってきた復員軍人が
政界、官界、財界、学会に入り、
窮乏に耐えて何とか日本を復興しようとの一念に燃え、
魂を奮い立たせ、渾身の力を振り絞って
努力に努力を重ねてきたからである。
ところがその後の二世、三世は生まれたときから
銀のスプーンをくわえ、テレビ、自動車、美食の中に育ち、
父祖の労苦をきれいさっぱり忘れ去ってしまった。
日本人としての「こころ」を失ってしまった。


私の見るところ、彼らは哲学的にも思想的にも、
また気迫という点においても、貧相である。
国家や共同体の維持発展に関して必死の精神、
魂、悲願が窺えないのだ。そこをいかにして
立て直していくか、これがわが国にとっての
喫緊の課題である。


政治とは突き詰めれば、
魂であり精神であり気合なのだ。(中曽根康弘)





2003年(平成15年) 10月28日 - 高崎
「議員辞職にあたっての所感」


自分は国家のために命を捧げるといってきた
人間でありますから、国家的事業、国家のために
尽くし尽くし死んでいく、そういう決心を曲げないで
やっていきたいと思うんです。


晩年の舞台においては、いままでの政治家や
いままでの人がやれなかったことを
私はやり抜いてみせよう。みんな引退するとか
引っ込んでいるのがふつうのことでありますけれども、
私の愛国心はそれを許さない。


私は戦争に行って戦死すべき人間だった。
それを生き残ってきておるわけでありますから、
最後まで国家のために命を捧げる。 (中曽根康弘)




主義主張はひとまず置いておいて、
素直に文章を一文字ずつ読んでみてください。
いかに自分が“甘ちゃん”で “ひ弱”なのかが良くわかります!
僕のぶひろは醤油屋からだと4代目、電気屋だと3代目になる
モロ世襲社長でしたしね(笑い)

(参考)
ok27l52h.jpg
中曽根康弘通産大臣の写真 - 昭和47年/1972年 NEBA設立総会

小泉純一郎首相、殺されてもいい気構え
凄みがある「内訟録 - 細川護熙総理大臣日記」 (細川護熙)
都知事選 脱原発W元総理 細川・小泉元首相の街頭演説
人間は、やっぱり出来損ないだ。田中角栄元首相

村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「政党」 …ブログコミュニティを見てみる
「政治評論」 …ブログコミュニティを見てみる
「国政」 …ブログコミュニティを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 政治家(国会議員)ブログ村 を見る

政治家(国会議員)ブログランキング

※このブログ記事は特定の政党や政治家を応援するものではありません。
  また、株式会社ムラウチドットコムとも一切関係がなく、
  村内伸弘個人のプライベートな私的感想ですので予めご承知おきください(^^)

きょうのキーワード:中曽根元首相 - 中曽根元総理 - 中曽根康弘 - 中曽根
「社長ブログ」 バックナンバーを見る


▼ムラウチドットコムで 私たちと一緒に働きませんか?
IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人情報(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
採用・求人情報 - Web技術者、Webエンジニア、Webデザイナーなど


IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人職種一覧(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
募集職種一覧 - 勤務地: 東京都八王子市



 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2008年9月10日 01:23
murauchi.comから読み込み中...

コメント


 

  おじさんの きょうの(10日)の

   ブログ から 転載・・ですが・・


 
   石原元政調会長が

  自民総裁選に出馬表明

  「国民と政治にずれ」


   会見に臨んだ石原氏は、

  「心の通った改革路線の続投」を掲げ、

  総裁選の立候補に当たって


  「一点の自信もない」

   ことを強調した。

  (ほんとは 「一点の私心もない」ですね!)


   それにしても

   父親は石原慎太郎

   東京都知事


    弟は石原宏高

    衆院議員

   よっぽど

   おいしい

   商売なんでしょうね~


投稿者 気楽なおじ : 2008年9月10日 10:43

気楽なおじさん
コメントありがとうございました。

http://plaza.rakuten.co.jp/kirakunaoji2/diary/200809100000/
見ました!

「一点の自信もない」は笑っちゃいましたw

ほんのちょっと前までは
党派を問わずどこか人間臭くって
魅力的な政治家が多かったんですが、
最近はホントに魅力にあふれる人が
いなくなりましたネ!

投稿者 のぶひろ : 2008年9月10日 20:54

高度成長時代までの、あのはつらつとして輝いていた日本人はどこへ行ってしまったのでしょうねぇ・・・。
何もかも満たされて、生気を失ったのが今の日本でしょうね・・・。
生気が無くなった日本の若者達にもう一度夢を見させて上げたい。そんな国にしたいですねぇ。
今、ブログ人気、土日曜日急上昇中のへぼ株おじさんです。よろしく!

投稿者 へぼ株おじさん : 2008年9月28日 19:58

へぼ株おじさん
コメントありがとうございました。

ホントですよね、
何もかも満たされて、
まさに生気を失ったのが
今の日本だと思います。
また、生気を取り戻したいものですよね ^^

それからへぼ株おじさんのブログに書いてあった
麻生首相の
「オレは金持ちの生まれだから、金持ちの気持ちはよくわかる」
というのも思いっきりストレートで
笑っちゃいますね(笑)

投稿者 のぶひろ : 2008年9月28日 21:26

何か今の日本には、政治も国民も溌剌とした気概がなくなっているようですね・・・。
若い人達が燃えるような国家社会にするには、どうしたらいいのでしょうかねぇ・・・・?

投稿者 へぼ株おじさん : 2008年10月19日 12:40

へぼ株おじさん
二度目のコメントありがとうございました。

僕も歴史を学んできたので
よくわかるんですが、

幕末(明治維新)

明治時代

大正時代

戦前(昭和)

戦後(昭和)

平成


近代にほんの時代の移り変わりを見てみると
今の平成がもっとも平和で安定した時代だと思います。
これは間違いないと思います。

と同時に、
過去のいつの時代にも存在した
強烈な政治問題や社会問題がなく、
かつ、参考にするような先進国もなく、
若者や国全体が燃えないのもなんとなく
仕方がないような気もしています(^^)


でも、幕末を思い出してみれば
あの灰神楽のたつような明治維新の前には
200年以上の平和な時代があったわけで
その時の若者も大して燃えていなかったと思います。


ですので、
僕の歴史観ですと、
僕含め今の若者がというよりも、
時代が変われば、
時期が来れば
にほんの若者は必ずや燃えると思います!!

心配しなくても、
今の若者も、いろいろ言われますが
“にほん人”ですので、
燃える時がくれば絶対に燃えると思っています。
もちろん、僕も燃え上がります!!


PS
佐藤栄作の名刺とか麻生さんの専門学校とか
へぼ株おじさんのブログ見ましたが
ひどいですねぇ(^^;

投稿者 のぶひろ : 2008年10月19日 20:32

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

» 教員採用問題を考えてみました・・・。 from 定年おじさんのへぼ株日記
  今、教育現場は揺れてますねぇ・・・   現場の先生ばかりでなく、教育委員会などの組織のあり方含めて全てで・・・   モンスターペアラント、携帯問題、大... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月19日 12:42

» 福田康夫首相の退陣から学ぶ from サムスル渡邉裕晃:社長ブログ
2008年9月1日の記者会見。 福田康夫首相の突然の退陣表明は、多くの人たちを驚かせました。 首相の退陣表明。前回は、わずか1年前ですよね・・・。 当時書... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年9月10日 23:49

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

04.経営・仕事 , 09.政治・社会 , 14.格言・詩歌句 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

We are the muragons!!
muragon_logo.png
  ブログをつくろう♪⇒ 無料のブログ作成サービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記