CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2006年 05月 20日(土) - 村内のぶひろ

やめて欲しいこと
09.政治・社会全一覧(バックナンバー)

「批判」ではなく、「願い(希望)」ということで書かせていただきます。

大新聞の一面やテレビのトップニュースで
残酷で猟奇的な殺人事件を大々的に取り上げる意味はあるのでしょうか?
殺害の方法を詳細に記述する必要があるのでしょうか?

朝起きて新聞を開くと
「殺害」「遺体」「死体遺棄」という活字が目に飛び込んできます。
テレビをつけると
「殺人」「絞殺」「殺された」という言葉が耳に入ってきます。

大多数のにほん人が毎日目にし、耳にする
マスメディアでこういった類の事件がものすごいデカイ扱いで
連日のように報道される状態は
好ましいものなのでしょうか?

ご遺族はどのようなお気持ちなのでしょうか?

こういったニュースを僕たちが知ることに何の意味があるのでしょうか?

僕には全然わかりません。


政府や行政の怠慢に対する攻撃や
社会的矛盾の存在の指摘、弱者を救済するような提案など
影響力の大きなマスメディアにしかできないことが
多々あるはずなのに、連日最も目立つ場所で報道されるのは
多くのにほん人を暗くさせ、絶望させる殺人事件です。

どうなのかなあ??というのが偽らざる気持ちです。


僕自身も僕の会社も、ハタから見ると納得ができないような
ことをやってしまっていると思いますので、
あんまり人のことは言えませんが、
存在意義が非常に大きく、国民にとっても尊いマスメディアだから
あえて、「批判」ではなく、「願い」ということで
今日のブログに記してみました。


きょうのキーワード:大新聞 - マスメディア - トップニュース
「社長ブログ」 バックナンバーを見る


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2006年5月20日 12:59
murauchi.comから読み込み中...

コメント

こんにちは、イルムシャーです
昨年の10月から久しぶりにコメントさせていただきます

今回も全くのぶひろさんと同じ考えをしております。
愛読している雑誌に面白い事が書かれていたので転記します。

週間アスキー 06/04/18号 山崎浩一氏 P.103 「今週のデジゴト」 より抜粋
1.メディアは世論を誘導・操作できる、また、そうすべきである。
2.なぜなら大衆は愚かであり、啓蒙される存在だからである。
3.それは事実を報道することよりも優先されるべきである。

これを読んだ時、ずっと頭の中で考えていたことがすっきりとまとめられていると思いました。

投稿者 イルムシャー : 2006年5月21日 03:37

イルムシャーさん
コメントありがとうございました。
また、ご賛同ありがとうございました。

週アスの 3点の要点については
「大衆は愚かであり」と言い切る部分は
正直あまり納得できないのですが(^^;
マスメディアの影響力や存在感を言っている部分は
イルムシャーさんがおっしゃる通りだと思います。

これもたとえは良くないですが
例のゲッベルス宣伝相の「繰り返しウソをつけば・・・」という
言葉と相通ずるものがあるのでしょうね!

だからこそ、猟奇的な事件の連続報道が
にほん国民に与える負の影響を憂えています。
殺人なんて普通で当たり前の話なんて
にほん人全員が感じるようになってしまったら
マスメディアの罪は重いと思います。

投稿者 のぶひろ : 2006年5月21日 12:18

こんにちは。

最近のニュースは聞きたくないものばかりですね。
気持ちが暗くなってしまいます。

*基本的にテレビはあんまり見ないんですけどね

投稿者 kosaka : 2006年5月22日 14:29

kosakaさん
コメントありがとうございました。
テレビ見ないんですね、
ぼくも最近テレビ見る回数減りました。

やっぱりネットの方が断然ためになるし
面白いですもんね ^^

うーん、ネット中毒か??

投稿者 のぶひろ : 2006年5月22日 23:30

こんばんは、イルムシャーです

山崎氏は先の3つの確かなことに続いてこう書いています

「それでも私たちは信じている。言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。朝日新聞」
というCMスポットが頻繁に流れているけれど、実はあのコピーにもそんな意識がチラホラと垣間見られる。ジャーナリズムとは何かを動かすパワー(ようするに第4の権力)である、ってわけでしょ。

のぶひろさんもわかっているとは思いますが「大衆は愚かであり」とは山崎氏が思っているわけではなくて、マスメディアがそう思っているに違いないと書いています。

結局僕が何を言いたいかと言うと、僕、のぶひろさん、山崎氏と3人とも同じようなことを感じているんだなということです。

ほりえもんが捕まったとき、メディアは小学生の頃の作文まで引っ張り出してつついていました。あれをみたときは本当に不愉快でした。それまでは勝ち組だの、時代の寵児だのさんざんもてはやしていたくせに。本当にうんざりです。

投稿者 イルムシャー : 2006年5月23日 01:54

イルムシャーさん
コメントありがとうございました。
そうだったんですね!
納得しました。

マスメディアの功罪を論じると話題が尽きないですね、
先日は筑紫さんのテレビで筑紫さんと田原総一朗さんが
「小泉政権とテレビ」という対談をやっていて
興味深くみました。

僕のブログもメディアになるぐらいまで
頑張りたいですね(大笑い)

投稿者 のぶひろ : 2006年5月24日 22:50

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

09.政治・社会 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記