CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

あなたも今日からブログを始めてみませんか?

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)
新規登録: ブログを始める(無料)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
ムラゴンを見る

2005年 10月 03日(月) - 村内のぶひろ

青春デンデケデケデケ
11.旅行・温泉 , 13.読書・音楽全一覧(バックナンバー)

青春デンデケデケデケ

青春デンデケデケデケ


久々にDVDで見ました。
最近、なかなかテレビの前に座れなかったんですが
なんとなく見たくなっちゃって・・・

この映画は、平成4(1992)年大林宣彦監督が、
世に送り出した青春映画の名作です。  

僕が生まれた頃、
1960年代後半の四国・観音寺(かんおんじ)が舞台で
甘酸っぱくてノスタルジックさが素晴らしい!

主人公のチッくんが大学進学で観音寺駅から東京に向う日が
まさに昭和43年2月15日!
そう、僕のぶひろが生まれた日なんです。

そんなこともあって、なぜか心が離れないんですよね~
大林監督が撮ったうるわしい四国・観音寺の風景と
役者さんたちのしゃべる讃岐弁がとてもやさしくて忘れられないっス ^^ 

最後ですが、僕が4年前の 2001年12月27日に
ムラウチドットコム・DVDストアに投稿したコメントです(^^;
 ↓↓↓

▼投稿日:2001/12/27 評価: ★★★★★ HN:ノブー さん [東京都]
この映画は何度見ても本当に甘酸っぱいというか、ほろ苦いというか“
生まれてきて良かった ”と感じずにはいられない何かがあります。
僕は撮影舞台である四国の観音寺市にも行ってきました、
カモメが飛んでいて静かな海がある街でした。

主人公のチックンが観音寺の駅を出るラストシーンは昭和43年2月15日と
いう設定ですが なんとこの日は僕が生まれた日なんです。

僕たちが生まれた頃の青春像を大林監督がひとつの作品として
残してくれていました。私の大好きな一本です。

【2006年 4月27日 追記】
「青春デンデケデケデケ」
昭和40年代前半、四国・観音寺の青春

(参考)
▼平成26年 / 2014年の尾道・鞆の浦旅行コース
 来月、広島県の尾道と鞆の浦へ
 15才の原田知世主演 映画「時をかける少女」感想
 16才の富田靖子主演 映画「さびしんぼう」感想
 01:鞆の浦 飛行機からの景色、鞆の浦到着
 02:鞆の浦 古い街並みのうつくしい港町・鞆の浦
 03:鞆の浦 鞆・町並ひな祭の雛人形めぐり
 04:鞆の浦 日東第一形勝 - 鞆の浦の景色
 05:尾道 JR尾道駅到着、そして尾道の夕景・夜景
 06:尾道 尾道の朝焼け、尾道渡船で向島へ
 07:尾道 しまなみ海道サイクリング、"さびしんぼう"のみかん畑の中の坂道へ
 08:尾道 尾道ロケ地めぐり、さびしんぼうの西願寺の階段
 尾道・鞆の浦 観光&「さびしんぼう」ロケ地めぐり - 番外編


↓ポチッと応援を!
にほんブログ村 日本映画(邦画)ブログランキング参加中
(この日記が良かったら ここをクリックしてください★)
日本映画(邦画)ブログランキング

きょうのキーワード:観音寺 - 青春デンデケデケデケ - 大林宣彦 - 東映
「社長ブログ」 バックナンバーを見る


【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)

 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2005年10月 3日 12:58
murauchi.comから読み込み中...

コメント

トラックバック、どうもありがとうございます。以前に何度か訪れたblogからでしたので、ちょっとびっくりしました。
このノスタリジックな感じと、音楽が好きで好きでたまらないと言う気持ちがすごくいいですね。まさに青春映画の名作だと思います。

投稿者 サンタパパ : 2005年10月10日 06:31

>サンタパパさん
こちらこそコメントありがとうございました。
ほんと名作ですよね!
この間みたばかりなのに、もう一度みたくなっちゃった^^
青春っていいですね。。。

投稿者 のぶひろ : 2005年10月10日 22:56

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

» 「青春デンデケデケデケ」芦原すなお from おひょう君の読書感想文
青春小説、というとなんだかいい年こいて読むのもどうかと思いますが、友達、音楽、バイトに恋、高校生の明るく切ない時代。あの輝きはー、もう戻らないのねー(なんの歌や... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月22日 20:17

» 青春デンデケデケデケ from かたすみの映画小屋
シンセサイザーがピコピコと言われるよりもずっと昔、エレキギターはテケテケと言われていました。それは香川県観音寺市ならずも全国的にそうだったそうです。時は19... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月10日 00:22

» 再び、「青春デンデケデケデケ」 from ウララカ
深夜に観た「青春デンデケデケデケ」についていろいろ調べてから書こうと思っていたら、 詳しくは旦那がblogに書いていたので、そちらをみちゃってください。 い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月 5日 00:29

» 青春デンデケデケデケ from シネマ日記
1960年代、香川の観音寺を舞台にした高校生の青春ドラマ。大林宣彦監督作品。デンデケデケデケというヘンテコな言葉は、ベンチャーズのパイプラインのエレキギターの音... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月 4日 09:24

» 青春デンデケデケデケ from わたしの見た(モノ)
「青春デンデケデケデケ」 舞台は、1960年代後半、四国は香川の観音寺町。 ロックバンドに情熱を燃やす高校生たちの姿を描いている秀作。 若者の行動、思いと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月 3日 17:05

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

11.旅行・温泉 , 13.読書・音楽 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

ムラゴンで始めてみませんか?
We are the muragons!!
muragon_logo.png
ムラゴンを見る

【動画】動画でブログの魅力を知る


【新規登録】ブログを始める(無料)

無料ブログサービス muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記