CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう♪ ⇒ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

2012年 01月 07日(土) - 村内のぶひろ

新橋演舞場・新春大歌舞伎 連獅子にエキサイト、雪姫にゾッコン
10.歴史・文化全一覧(バックナンバー)

2012_new_years_kabuki_00.jpg
開演前の新橋演舞場(東京・銀座)


昨日、新橋演舞場に新春大歌舞伎を見に行ってきました。
演目は「相生獅子」「金閣寺」「加賀鳶」の3つでした。
歌舞伎はなんと12年ぶりなんですが、
やっぱりとってもいいですね!!
絢爛豪華でふくよかな雰囲気は最高です!

「相生獅子」では、白毛と赤毛の連獅子が一緒に
豪快な毛振りで大興奮!かっこいいです!
大迫力です!ワンダフル!

「金閣寺」では、雪姫の美しさにびっくり!
とても男(尾上菊之助)とは思えません。
赤い梅が描かれた金色の屏風の前でピンクの着物に身を
まとった雪姫に僕は吸い寄せられました。
鮮やかな桜吹雪の中の雪姫に僕はゾクゾクしてしまいました。

長唄や三味線や鳴物も雰囲気をグッと盛り上げますし、
役者のセリフも独特のリズムがあって聞き惚れます。
そして、役者が見栄を切る場面は最高にかっこいいです!!

今年は新春早々、
すごくふくよかな気分になりました。
歌舞伎って楽しいですね。
今年はいい年になりそうです。

▼English(英文)
I went to Shimbashi Embujo to watch the New Year's Kabuki
yesterday. There were three programs, "Aioijishi", "Kinkakuji",
"Kagatobi." As I went to Kabuki theatre for the first time in
12 years, I could experience again that Kabuki is quite brilliant!
The really gorgeous and generous-hearted atmosphere is very
excellent!

In Aioijishi, both a red-haired lion and a white-haired lion
vigorously shake their hair together. I was very excited! It was
cool and powerful! How wonderful it was!

In Kinkakuji, I was surprised by the beauty of Yukihime. I
couldn't believe it was acted by a man, Kikunosuke Onoe. I was
fascinated by her. She was wearing a pink Kimono in front of a
golden folding screen painted with a red japanese plum. She
made me tingle as she was in the shower of some vivid cherry
blossom. The long epic song, the "Shamisen", and musical
instruments create the atmosphere remarkably. The lines, with
their individual rhythms, made me entranced. Moreover, the
scene actors play their poses in a very good-looking way.

From early in this year, I felt well enriched.How amusing Kabuki
is! It seems that this year will be a lucky one.

2012_new_years_kabuki_01.jpg
新橋演舞場前

2012_new_years_kabuki_02.jpg
僕が見た昼の部の演目、
「相生獅子(あいおいじし)」「金閣寺(きんかくじ)」「加賀鳶(かがとび)」

2012_new_years_kabuki_03.jpg
新橋演舞場入口
着物の女性がけっこういてとても華やかな雰囲気でした!
お正月らしいです ^^

2012_new_years_kabuki_04.jpg
演目ごとに芝居絵がかかっていました。
気分がグングン盛り上がってきます!

2012_new_years_kabuki_05.jpg
お正月のお飾りでますます気分が高揚。
これも新春大歌舞伎ならでは~

2012_new_years_kabuki_06.jpg
劇場のホールに飾ってあった羽子板
連獅子(れんじし)、超かっこいいです!
白毛の親獅子と赤毛の子獅子が超イカしてます!!
「相生獅子」で連獅子が踊り狂いましたが、
背筋がゾクゾクするほど迫力がありましたよっ。

2012_new_years_kabuki_07.jpg
劇場内

2012_new_years_kabuki_08.jpg
パンフレット

2012_new_years_kabuki_09.jpg
左側のページのピンクの着物姿の女性が雪姫(ゆきひめ)。
「金閣寺(きんかくじ)」での雪姫の立ち振る舞いは
優雅で、本当に女性的で僕は一目惚れしちゃいました(笑い)

2012_new_years_kabuki_10.jpg

2012_new_years_kabuki_11.jpg

2012_new_years_kabuki_12.jpg
歌舞伎揚を思い出したあなた!
「あなたは正しいです(大笑い)」
僕も歌舞伎揚を思い出し、唾が出て、お腹が鳴りましたよ(爆笑)

2012_new_years_kabuki_13.jpg
うわー!素敵すぎる!!お正月らしすぎる!!
見に来てよかったー
まだ、始まってもいないのに気分は最高潮に!!!!

2012_new_years_kabuki_14.jpg
幕間に場外で木遣りもやってました。
ついてます!

2012_new_years_kabuki_15.jpg

2012_new_years_kabuki_16.jpg
纏(まとい)を振る人と我ら見物人。
新門辰五郎(しんもん たつごろう)のようにイナセです!
火消はカッコイイですね♪

2012_new_years_kabuki_17.jpg
感激の観劇が終わり、家路につきます。

桜の木に縛られた雪姫が、足で桜の花びらに鼠を描く
「爪先鼠(つまさきねずみ)」の場面は
実に、実に、実に美しかったです!!!!
雪姫さん、さようなら。

「金閣寺(祇園祭礼信仰記)」のこの雪姫は
「鎌倉三代記」の時姫(ときひめ)、「本朝廿四孝」の八重垣姫(やえがきひめ)と共に
「三姫(さんひめ)」の一人に数えられているんですよ~
どうりで美しいわけです(^^)/


2012_new_years_kabuki_18.jpg
銀座・和光前

(参考1)
銀座の〝新歌舞伎座〟で壽初春大歌舞伎 - 絢爛豪華、ふくよかな時間。

尾上松也 歌舞伎自主公演 「挑む 第八回外伝」を鑑賞 - セルリアンタワー能楽堂

(参考2)
新橋演舞場(東京・銀座)

新橋演舞場の歴史

時代を超えて受け継がれる新橋演舞場
新橋演舞場の新築開場は大正14年4月のことでした。京都や大阪には立派な演舞場や歌舞練場があるのに、東京にないというのは残念だという川村徳太郎(芸者屋屋号森川家)の発案で、五業組合の協賛のもとに資本金200万円の新橋演舞場株式会社を設立したのが起源といいます。

新橋演舞場が建てられたのは、当時の東京市京橋区木挽町10丁目14番地(のちの6丁目9番地、そして現在の中央区銀座6丁目18番2号)で、この場所は、偶然にも芝居狂言「加賀見山旧錦絵」のお初が、主人尾上の敵である岩藤を討った松平周防守の下屋敷跡でした。

建設以前は、狭い川に面した荒れ果てた空き地で、草木もうっそうと茂り、夜は道行く人も珍しい実に不気味なところだったといいます。そこに定員1,679人の三階建ての立派な劇場が建てられたのです。

多くの優れた専門家が結集し大正12年に着工。その途中で関東大震災に遭い、一時工事を中止するハプニングもありましたが、20ヶ月にわたる全工事を完了し開場にこぎつけました。当初目的だった新橋芸者の技芸向上を披露する場として春秋二季に「東をどり」を主に公演。昭和15年新橋演舞場は松竹株式会社と興行契約を結び、松竹が興行面を受け持って松竹傘下の主要劇場となりました。そして長い歴史の中で観客に親しまれながら、歌舞伎、新派、新喜劇、新国劇、前進座を演舞場のカラーとして定着させていったのです。

第二次世界大戦では空襲のため、外周りを残して焼失。昭和23年に復興されましたが、終戦直後の再建のため、舞台の規模を生かす舞台機構や諸設備が新しい時代の要請や消防法などにこたえられなくなりました。

そこで昭和57年に新装されたのが、日産自動車本社ビルと複合した現在の演舞場です。新装には最新システムの導入だけでなく、ゆとりある客席空間、正面玄関のレンガなど、旧演舞場設計の精神が大切に受け継がれています。
(公式サイトより引用)

Open University: イギリスの王立大学院生になりました。

村内伸弘@ムラウチ ドットコム.。.:*・゚☆.。.

「英語学習者」 …人気ブログを見てみる
「英語独学」 …人気ブログを見てみる
「やり直し英語」 …人気ブログを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 英語の日記ブログ村 を見る

英語の日記 ブログランキング

きょうのキーワード:英語日記 - 英文日記 - 英語ブログ
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


▼ムラウチドットコムで 私たちと一緒に働きませんか?
IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人情報(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
採用・求人情報 - Web技術者、Webエンジニア、Webデザイナーなど


IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人職種一覧(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
募集職種一覧 - 勤務地: 東京都八王子市



 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2012年1月 7日 10:59
murauchi.comから読み込み中...

コメント

終戦直後を 実体験した人は いくつになるのかなぁと 思って 終戦直後で 検索中です。
日本の昔からの芸能 歌舞伎を まだ 見たことない 私です
NHKテレビで 時折 やっているみたいですが あまり みていないです。昔 歌舞伎という鑑賞する知識がない私です。
子供の頃 野球観戦を ルールをしらないで 見ていた事を思い出します。

投稿者 村石太レディ&エビー : 2012年1月11日 13:55

正月らしい雰囲気でいっぱいですね~~

イギリスに行くにも 日本の伝統芸能をしらないとね・・・

投稿者 気楽なおじ : 2012年1月11日 17:09

村石太レディ&エビーさん
コメントありがとうございました。

僕は歌舞伎もお能も行ったことはありますが、
正直、ただ見に行っただけで詳しくないですよ(笑)
歌舞伎は入り口で音声ガイドが聞ける
レシーバーを貸してくれますから、
それを片耳に入れて見れば、
初心者でも楽しめます!
今回僕はボイスガイドはあえて借りず、
舞台の上の役者さんの表情や仕草を注視したのですが、
半分以上の人はこのボイスガイドを借りていました。
ぜひ、今後機会があったら行ってみてくださーい


気楽なおじさんへ
コメントありがとうございました。

"新春大歌舞伎"ですからね~
ホント正月らしかったですよ!!
歌舞伎はオペラとも一脈通じる演劇ですから、
芸能は洋の東西を問わないですよね。

"かぶき"って、もともと"パンク"みたいな言葉ですから。
パンクロック発祥の地・イギリスともなんとなく
縁深さを感じます ^^
 

投稿者 村内のぶひろ : 2012年1月11日 20:27

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

10.歴史・文化 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

We are the muragons!!
muragon_logo.png
  ブログをつくろう♪⇒ 無料のブログ作成サービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記