CEO-調子イイおじさん 村内伸弘の社長ブログ (社長日記)

2004年 10月 11日(月)体育の日

八王子市民 村内伸弘の八王子市への思い   19.旅行帳

★八王子、わが産土


  八王子や ああ八王子や 八王子や。→ 激しい字余り(笑)


  元禄2年、奥の細道の松尾芭蕉が日本三景のひとつ松島で詠んだ

    「 松島や ああ松島や 松島や 」

  僕はこの句が大好きです。そして、この句と同じ感情を
  わが産土(うぶすな)・八王子に対して抱いています。


  何度も登り、ご来光を拝み、豆をまいた高尾山。
  昭和天皇、大正天皇がお眠りになる武蔵陵(多摩御陵)。
  ゆーみん(松任谷由美)が生まれ育った商店街。

  つわものどもが夢の跡、八王子城跡。
  武蔵七党・横山党、いざ鎌倉の板東武者。
  甲州街道宿場町、八王子千人同心、八王子車人形。
  世界へ通じた日本のシルクロード、絹の道。
  そして高揚した自由民権運動と三多摩壮士たち。
  八王子は「自由のとりで」だった!

  春は桜の名所 富士森公園。
  夏の風物詩、八王子まつりと花火大会。
  秋、黄色く色づく日本三大並木 いちょう並木。
  冬、家内安全・商売繁盛を祈願する お酉様。

  西行さんも詠いました。
  浅川を渡れば 富士の影清く 桑の都に 青嵐吹く

  美人がいっぱいいるところ はぁ! 太陽の街 八王子♪
  夕焼け小焼けで日が暮れて山のお寺の鐘がなる・・・
  桑の都、織物の街、ネクタイの産地。
  B29の空襲で丸焼けになった八王子。
  美(うる)わしき・八王子。

  最後は僕の母校の校歌で締めたいと思います。
  八王子よ ありがとう。




 南多摩高等学校 校歌

               作詞 薮田 義雄
               作曲 信時 潔

  湧水は 街をめぐり
  いつも映す 雲や風を
  美わしき 八王子 わが産土
  朝焼の 彩るごとく
  華やぎて 声あわす
  われら若人


  山脈は 街に迫り
  いつも招く 雲や霧を
  逞しき 南多摩 わが国原
  踏み越ゆる ゆくての嶮を
  仰ぎみて 眉あがる
  われら若人

投稿者 ブログ社長 ムラウチ : 2004年10月11日 00:01

コメント

コメントしてください

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:
http://murauchi.info/cgi-bin/mt-tb.cgi/149