CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

2011年2月26日 | 日別一覧 | 2011年2月28日

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう!→ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン)

▼ 2011年2月27日のブログ記事

マレーシア・クアラルンプール旅行記 12 広過ぎるプトラジャヤで歩き疲れる o(;△;)o
11.旅行・温泉

malaysia_kl_353.jpg
鳥のさえずりだけが聞こえ、人の姿が見えない街。
プトラジャヤ。

それにしても、歩いても歩いても目標とした
プトラモスクが近くならなーい!!
歩き疲れたし、ノドも乾いたし、トイレにも行きたくなった。
と、その時、そんな僕の目の前に
湖畔にたたずむレストランが忽然と現れました。

malaysia_kl_354.jpg
ルートビア Sarsi(サーシ)

malaysia_kl_355.jpg
初 Sarsi(サーシ)は命の水でした。
ドクターペッパー以上に薬草くさくて、湿布くさい、
でも、さっぱりして赤道近くのこの気候には合いますね、間違いなく。
シュワー、くぅー。Sarsi おいしー


malaysia_kl_356.jpg
さあ、ウォーキング再開!
ゴムの木、アブラヤシ、ヤシなどなど
マレー半島のいろいろな木や花が僕を迎えてくれました。

malaysia_kl_357.jpg
ヤシの木

malaysia_kl_358.jpg
アブラヤシ

malaysia_kl_359.jpg
プトラ湖畔の道

malaysia_kl_360.jpg
いかにも熱帯っぽい、蔓がつる下がった木

malaysia_kl_361.jpg
どうやらボタニ公園という植物園にいつの間にやら
紛れ込んでしまっていたようです ^^

malaysia_kl_362.jpg

malaysia_kl_363.jpg
湖越しに見えた首相公邸
 
 
malaysia_kl_364.jpg
首相官邸 / プトラビル (最初、これが首相官邸だとはまったく思っていませんでした)

malaysia_kl_365.jpg
プトラ・モスク(通称:ピンクモスク)

malaysia_kl_366.jpg
プトラ湖に映るプトラ・モスク

Sarsiパワーで元気も復活、
橋の上からピンク色のプトラモスクを眺めていたら
イスラムのお祈りのコーランがよく聞こえました。

でも、それにしても広い。
プトラジャヤは広い。
歩くとわかります。

malaysia_kl_367.jpg
子供たちがサッカーをしてました

malaysia_kl_368.jpg
建築中の住宅群

malaysia_kl_369.jpg

malaysia_kl_370.jpg
実際に居住している住宅群

malaysia_kl_371.jpg

malaysia_kl_372.jpg
プトラジャヤの街並み

malaysia_kl_373.jpg
実際に居住しているマンション群


malaysia_kl_374.jpg
プトラモスクを過ぎ、
首相官邸(プトラビル)を探すためにひたすら歩きましたが、
結局見つかりませーん。
大まかな地図もありましたが、
やっぱりわかんなーい

道がわかんないし、暑いし、
もう大変。完全にハマりました。
恐るべし、プトラジャヤ!

歩くのギブアップ!
なんとかタクシーを見つけて、
モスクと首相官邸近辺に連れて行ってもらいました。

malaysia_kl_375.jpg
首相官邸 / プトラビル

なーんだ、ここが首相官邸だったんだ!!
絶対に、モスクとかイスラム教関係の建物だと思ってたあ~(^^;

malaysia_kl_376.jpg

malaysia_kl_377.jpg
 
 
malaysia_kl_378.jpg
プトラ・モスク

malaysia_kl_379.jpg
モスクの中に入ってみました

malaysia_kl_380.jpg
真っピンクですね!

malaysia_kl_381.jpg
非ムスリムが着せられる服までピンクです

malaysia_kl_382.jpg
ドーム屋根の内側も真っピンクです ^^

malaysia_kl_383.jpg
壁もピンクです

malaysia_kl_384.jpg
ステンドグラスもよく見ると、
ピンクがちょっぴり混じってます。


Who is Allah? アッラーとは?(パンフレットより)

唯一の神
「アッラーのほかに崇拝すべき神はいない」
というのがイスラーム教徒の唯一神信仰で
最も重要な核です。
アッラーは唯一無二、全ての物から自立し、
子も両親もなく、その存在は何ものとも
比較し得ません。
アッラーには配偶者も同位者もありません。
預言者、聖人達を崇拝し、さらに人間によって
造られた偶像神を崇拝することは、アッラーだけが
唯一、全ての崇拝を受けるに値するという
イスラームの教義に真っ向から反しています。

創造の主
アッラーは可視・不可視の世界の全ての
被創造物の主です。
アッラーの全ての創造物は、彼を崇拝し、
服従します。
ムスリムの信仰はイスラームです。それはアッラーの
意志に服従するということです。

絵画がないのはなぜ
アッラーは人間の視覚では捉えられない、人間が
想像できるどのようなものでもないのです。
そのためアッラーを人間や人間に似たもの、
あるいは動物などの絵や像で表現することは
イスラームでは受け入れられませんし、
重大な罪となります。

男性ではない
日本語には“彼”に相対する“彼女”という
言葉があるので、アッラーを彼と呼ぶ場合
男性と誤って認識されがちです。
“神”の女性形は“女神”です。神には女性の
パートナーがいると信じている人々がいます。
神を人間の家族的人格へと低めることは、
イスラームでは受け入れられません。
聖クルアーンで全能の神は自らを
“アッラー”と呼びます。
このアラビア語の表現には男性形や女性形、
あるいは複数形に相当するものはありません。

アッラーの属性
アッラーの“99の名前”について記した本が
あります。これらの名前はアッラーの属性です。
アッラーは慈悲深い方、公正なる方、そして慈愛
深い方と表されます。聖クルアーンには 99より
多くのアッラーの属性が述べられています。

アッラーは永遠
アッラーは永遠です。彼は誰かによって創造された
ものではありません。全てを創造する以前から
存在しているのです。彼の創造物は彼を必要と
しますが、彼の存在にはなにものをも必要としません。
アッラーには息子も助手もいません、
もし彼に他からの助けが必要だとしたら、
彼は自存者ではなく創造主が必要だったと
いうことになってしまいます。
彼に似たものは何一つありません。
創造主は彼が創造したものと同じ性質を
持つことはありえません。
彼が創造したものには始めと終わりがあります。
アッラーは始まりの以前から存在し、
終わりの後にも存在し続けるのです。

永遠に活力に満ちている方
天地創造の後に全能者アッラーが安息日を
必要としたという考えは人間のものであり、
全能者御自身の考えではありません。
創造に携わらなかった者達が休息を取ったのです。
アッラーは永遠に活力に満ちています。

唯一の真の神
アッラーとは固有名詞で、唯一絶対神を表し、
全ての崇拝を受ける唯一の真の神です。
アッラーは、啓示を伝えるために選んだすべての
予言者達の神です。よく知られている予言者達は、
ノア、アブラハム、ダーウード、モーセ、イエス、
そして最後の預言者ムハンマドです。

哀れみ深い方
アッラーが、私達に許したことを固く守り、
禁じたことを避け、自制すること。これらを
しなかったことが私達の苦難を生じさせる
もとになっていると考えられます。
たとえば、なぜ良い人々に悪いことが起こる時期が
あるのか、私達にはその原因を説明することは
できません。アッラーにしか分からないことです。
私達はアッラーに祈ることによって
彼に助けを求めるしかありません。

慈悲深い方
クルアーンの中で全能の神アッラーは、はっきりと
述べています。彼の信者達が、犯した罪を心から
悔い改め、繰り返さないことで彼らの罪は
許されると。
多くの者が、自分たちも唯一の真の神アッラーを
信じていると言いますが、彼らの日常生活は人や
動物などを象った像を拝み、お守りを身に付け、
偶像崇拝の習慣に浸かっています。
全能の神アッラーは、間違った神を崇拝することは
許されないことだとクルアーンの中で
はっきりと述べています。

 
 
malaysia_kl_385.jpg
首相官邸

malaysia_kl_386.jpg

malaysia_kl_387.jpg
首相官邸の前にズーッと長い道が続きます

malaysia_kl_388.jpg

malaysia_kl_389.jpg
まあ、行政(主要な省庁)や司法(最高裁判所)などが
集まっているこの新興人造都市プトラジャヤ。
人口 2800万人の国にして、この官庁街!
スケールがデカすぎやしませんか!!

とにかく立派な建物がモスク、首相官邸に向かって
ズラーッと並ぶ様は圧巻です。

malaysia_kl_390.jpg
マレーシア財務省

malaysia_kl_391.jpg
広ーい!広過ぎーーる!!

malaysia_kl_392.jpg

malaysia_kl_393.jpg
裁判所

malaysia_kl_394.jpg
歩き疲れた!!

But、流しのタクシーはほとんど走っていないので、
再び、歩き始めましたが、暑すぎるし、もうとにかく疲れた!
自販機もコンビニもないから水分も補給できない!
どうなってんの!?
プトラジャヤ、完全にハマった~(乾いた笑い)


どうにか、しばらく待って
フリーのタクシーを見つけました。
KLIAトランジットのプトラジャヤ駅に行こうと思いましたが、
タクシーの運ちゃんが「クアラルンプールまでこのまま行った方がいい、
電車賃も含めれば値段もそんなに変わらない」というので、
その言葉を信じ、タクシーでクアラルンプールまで戻ることにしました。

malaysia_kl_395.jpg
タクシーの車窓から見えた、UFOみたいなモスク

malaysia_kl_396.jpg
新興住宅地

高速道路からはエレクトロニクス企業やIT企業などが集積する
サイバージャヤや真新しいサッカー場も見れましたし、
新興住宅地も見れましたのでタクシーにして良かったです。

まだ、国立博物館(ナショナル・ミュージアム)が開いている時間だったので、
ホテルがあるブキッ・ビンタンではなく、国立博物館で降ろしてもらいました。

村内伸弘@ムラウチ ドットコム

マレーシア国旗

▼今回のマレーシア・クアラルンプール旅行記
マレーシア・クアラルンプール旅行記 01 羽田空港 新国際線ターミナルから出発~
マレーシア・クアラルンプール旅行記 02 エアアジアX (AirAsia X)でKL到着~
マレーシア・クアラルンプール旅行記 03 マレーシアの象徴・KLCC ツインタワー
マレーシア・クアラルンプール旅行記 04 ブキッビンタンのバクテー屋「新峰肉骨茶」
マレーシア・クアラルンプール旅行記 05 チャイナタウンで豆腐花と雲呑麺
マレーシア・クアラルンプール旅行記 06 夜のKLタワーとツインタワー
マレーシア・クアラルンプール旅行記 07 チョウキット市場はディープなマレーシア!
マレーシア・クアラルンプール旅行記 08 トゥンク・アブドゥル・ラーマン通り&マスジット・インディア通り
マレーシア・クアラルンプール旅行記 09 マスジット・ジャメとムルデカ広場周辺
マレーシア・クアラルンプール旅行記 10 マレー鉄道に乗ってセレンバン散策
マレーシア・クアラルンプール旅行記 11 政治と行政の新都市・プトラジャヤ
マレーシア・クアラルンプール旅行記 12 広過ぎるプトラジャヤで歩き疲れる o(;△;)o
マレーシア・クアラルンプール旅行記 13 国立博物館と夜のブキッビンタン
マレーシア・クアラルンプール旅行記 14 JTBお土産物屋さんツアーで締めくくり

(参考)
地球の歩き方 マレーシア ブルネイ '11~'12
マレーシア凜凜 / 伴 美喜子
アジアの大都市[3] クアラルンプル / シンガポール / 大阪市立大学経済研究所[監修]
ASEAN先進経済論序説 / 三木 敏夫
マハティール政権下のマレーシア / 鳥居 高編 アジア経済研究所
立ち上がれ日本人 / マハティール・モハマド
 
平成22(2010)年11月、インドネシア・ジャカルタ
平成22(2010)年11月、ベトナム・ハノイ
平成22(2010)年9月、ベトナム・ホーチミン  
平成22(2010)年8月、フィリピン・マニラ
平成22(2010)年8月、香港
平成22(2010)年6月、シンガーポール(第二回)
平成22(2010)年4月、シンガポール(第一回)
平成22(2010)年3月、シドニー
平成20(2008)年2月、タイ・バンコク
平成17(2005)年5月、台湾・台北
平成16(2004)年11月、韓国・ソウル
 
 
「マレーシア情報」 …人気ブログを見てみる
「マレーシア株」 …人気ブログを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 マレーシア旅行ブログ村 を見る

マレーシア旅行ブログランキング

きょうのキーワード:マレーシア - マレーシア人 - マレーシア料理 - マレー語
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 

投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  18:00  |  コメント(0) |  トラックバック (0)

13キロを85分43秒で完走 三浦半島マラソン、走り込み完了!
16.健康・ダイエット , 17.スポーツ

LSD 2時間で約14キロ
LSD 3時間で約21キロ
ここへ来て、テスト前の学生のように一夜漬け的に
走り込みを行っていましたが、今晩も走ってきました 13キロ!

さっき、自宅に戻ってきましたが、
今晩は、南高時代と同じく
スタートを大和田橋にして、多摩御陵(南浅川橋)まで
LSD(ロング・スロー・ディスタンス)2時間で
13キロのランを予定してたんですが、
なんと、走り始めて少ししたら、
前方から赤いライトをチカチカさせたランナーが走ってきました。

すれ違った時に、
お互い「あーーっ」と叫んでしまったんですが、
なんと、そのランナーはムラウチドットコム No1ランナー、
僕のマラソンの師匠である Sさんでした!

そして、この瞬間から、
LSDで最終調整と思っていた今日のメニューが
大きく変わってしまいました。

やっぱり、師匠とすれ違うと、
がんばらねばという気になって、
予想以上にどんどんペースが上がっていってしまいました!!

御陵からの帰りなんかは結構速いペースで
走っちゃいました(^^)

 行き:大和田橋~多摩御陵・南浅川橋(6.5キロ)… 47分06秒 約7分15秒/キロ
 帰り:多摩御陵・南浅川橋~大和田橋(6.5キロ)… 38分37秒 約6分/ キロ
 合計:大和田橋~南浅川橋~大和田橋(13キロ)… 85分43秒 約6分35秒 / キロ
 
 
この行きと帰りのタイムの違いを見てください!!
帰りはキロ6分ペースですから、ほぼ本番と同じペースです!
今日は、前回の 21キロランから数日経っていて疲れも抜けていたし、
走る前にカレーライスを食べたので、
スタミナもバッチリ。

走り終わった後、
そんなにハーハーしませんでした!!

これには我ながら、びっくりしました。
やっぱり何事も日々の努力が大切なんですね、
積み重ねが大切なんです。
こんな自分は、
マラソンを始めた時には
想像もつきませんでした!
人間、何事もやればできるんです!!

これなら、レース当日(3/6)も、
体調や天候が悪かったりしなければ、
最初からキロ6分で飛ばして、
後半キロ5分30秒にペースをあげ、
自己ベスト更新も可能だと思います!

うれしいです!!

膝サポーターのおかげで膝も痛くありませんし、
オープンエアーのヘッドホンをつけた例のマイiPod touchで、
サッチャーとマッカーサーの英語の演説を聞きながら
気分よく走ることもできました。

レース本番まで残り 1週間。
普通この時期は、すでに走り込み期を終え、
体の疲れを取り除き、リラックスして
体調を整える時期なんですが、
前回の鳴沢村の時に較べて、走り込み量が少なかったので
ちょうど本番モードでよかったのかもしれません。
S師匠のおかげです ^^


たぶん、下記のスケジュール通りなら
レース当日までには疲れは抜けると思ってはいます。
大丈夫です!
三浦国際市民マラソンでも
僕はやり遂げられそうです!!


三浦半島が待っています、
3/6(日)、美しい海が見える風景の中を
僕は気持ちよく駆け抜けます!!
 
(参考)
三浦国際市民マラソン - 到着したゼッケン
多摩御陵・南浅川橋のサクラ

 
▼レース当日までの“おっつけ”練習計画(再改訂版)

2/18 - 夕、LSD120分 14km 【済み】
2/19 - 夜、LSD60分 7km 【済み】
2/20 - 完全休養日(ストレッチのみ) ムラウチドットコム飲み会のため 【済み】
2/21 - 夜、LSD60分 7km 【済み】
2/22 - 夜、LSD180分 21.0975km 【済み】
2/23 - 完全休養日(ストレッチのみ) 【済み】
2/24 - 夜、LSD20分 2.5km 【済み】
2/25 - 夜、LSD60分 7km 【済み】
2/26 - 夜、LSD120分 14km 【85分 13kmで済み】
2/27 - 完全休養日(ストレッチのみ)
2/28 - 夜、ミドルペースジョギング 18分(1km6分ペース)
3/1 - 夜、ミドルペースジョギング 42分(1km6分ペース)
3/2 - 完全休養日(ストレッチのみ) 夜、睡眠10時間
3/3 - 朝、ミドルペースジョギング 30分(1km6分ペース) 夜、半身浴1時間、睡眠9時間
3/4 - 完全休養日(ストレッチのみ) 夜、半身浴1時間、睡眠8時間
3/5 - 朝、ウォーキング30分 夜、半身浴1時間、睡眠8時間
3/6 - レース当日 朝5時起き、いざ決戦場の三浦半島へ

【2011年 3月7日 追記】
三浦国際市民マラソン、自己ベスト 2:07:45で完走!

村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「30km・ハーフマラソン」 …人気ブログを見てみる
「超ウルトラマラソン・ウルトラマラソン」 …人気ブログを見てみる
「マラソンシューズ」 …人気ブログを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 マラソンブログ村 を見る

マラソンブログランキング

きょうのキーワード:三浦国際市民マラソン - 三浦マラソン - ハーフマラソン大会
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 

投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  01:26  |  コメント(0) |  トラックバック (0)

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 2011年2月26日 | 日別一覧 | 2011年2月28日 新しい記事へ

全一覧(バックナンバー)

月別一覧



ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記