CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう♪ ⇒ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

2011年 01月 04日(火) - 村内のぶひろ

The Economist(エコノミスト)という習慣
07.英語・中国語全一覧(バックナンバー)

the_economist_january_1st_01.jpg
平成23年1月1日、僕の手元に届いた The Economist

来年から、英国・The Economist(エコノミスト)を定期購読」という記事を先日書いて、
皆さんに僕が今年からイギリスの The Economist(エコノミスト)誌を
購読することをお知らせしましたが、
あの時のタイトル間違っていました。

「来年から」じゃなくって、
詳しくは「来年1月1日号」からでした!

・・・・ということで、
今年の 1月1日号ですから、
ぴったりジャスト、みごと 1月1日元旦に
僕の手元に届きました!
 
 
「1年の計は元旦にあり」
1年の最初の日に、
この The Economist(エコノミスト)が
僕の机に届いた意味は大きいです!

いよいよ(まだまだですけど)、
僕も英語100%の The Economist を
毎週読む人間になれました(笑い)

1843年にイギリスで創刊され、
167年もの長い歴史を持つ The Economist が
僕の 1年の最初を飾りました。

さあ、勝負です!!


1. 斜め読み、流し読み、飛ばし読み、つまみ読み、拾い読みOK!

2. 読み切れなくても、次の週の号が届いたら惜しげもなく捨てる!

この2つを大原則として、
できれば、10年。
あわよくば、30年間は
Economist を読む習慣を
続けていければと思います。

30年後だと、さすがに<紙版>は発行されなくなり、
すべて<電子版>になってそうな気もしますが、
その辺りは気にせずに、
毎週、毎週、Economist を
ザッと眺めるという習慣をこれから
自分自身のすてきなすてきな習慣にしていきたいと思います。

We first make our habits,
and then our habits make us.

John Dryden (1631-1700)

はじめ人が習慣を作り、
それから習慣が人を創る。

ジョン・ドライデン(1631-1700)

 
 
まっ、正直なところ
誌面の内容というよりも、
英語で埋め尽くされた
大英帝国・イギリスの権威ある ビジネス誌に
目を通す自分の姿を夢想して
酔い痴れてるだけなんですけどね。はっはっは(大笑い)

それでいいんですよ、
それで。


何かを始める時って、
みんな、そんな感じじゃないですか ^ ^

みんな、なりたい自分になった姿を妄想し、
思い浮かべ、ニタニタとひとり笑いながら
第一歩を歩み始めるもんなんです。

にんげん、それでいいんです。
一歩を踏み出すことこそが大切でござんす。

元旦号ってこともあってか、
予想より薄かったので分量もちょうどいいです(^^)/


the_economist_january_1st_02.jpg
透明のビニール袋に入った The Economist(エコノミスト)が到着
シンガポールから送られてきているようです。

the_economist_january_1st_03.jpg
袋から開けます

the_economist_january_1st_04.jpg
真っ赤な「The Economist」のロゴに痺(しび)れます

the_economist_january_1st_05.jpg
僕にとっての記念すべき The Economist 第一号
表紙は毎朝お世話になってる OBAMA大統領

the_economist_january_1st_06.jpg
74ページ、あまり分厚くないのでちょうどイイです

the_economist_january_1st_07.jpg
宛名がローマ字になってる郵便物が届くだけで
気分は“国際派” ハッハッハ
 
(参考)
The Economist (The Economist Newspaper)
The Economist (YouTube)
英国エコノミスト誌とは・・・EIS,Inc.
エコノミスト - Wikipedia
おすすめ英語学習法: Economist(エコノミスト)を読む習慣


村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「イギリス情報」 …人気ブログを見てみる
「英語で仕事」 …人気ブログを見てみる
「英語教材」 …人気ブログを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 イギリス英語ブログ村 を見る

イギリス英語ブログランキング

きょうのキーワード:The Economist - エコノミスト - 定期購読
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


▼ムラウチドットコムで 私たちと一緒に働きませんか?
IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人情報(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
採用・求人情報 - Web技術者、Webエンジニア、Webデザイナーなど


IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人職種一覧(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
募集職種一覧 - 勤務地: 東京都八王子市



 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2011年1月 4日 12:35
murauchi.comから読み込み中...

コメント

COE 

 なんて いい響きでしょう~~


 ちょっと おじさんで エクセレント 

 のことかな~~???


   

投稿者 気楽なおじさん : 2011年1月 4日 16:11

気楽なおじさん
コメントありがとうございました。

エクセレント(=優秀な)は、
合っています。

ただ、
「COE」じゃなくって、
「CEO」です ^^

意味も“おじさん”じゃなくって、
“お兄さん”です(笑)

そして、そして
もちろん
Chief Executive Officer とは
読みません。

CEO=調子イイお兄さん
が正式な読み方です。

CEO=超エロチックなおじさん
なんて絶対に読まないでくださいね~
 

自分で何書いてんだか
わかんなくなってきました(大笑い)
 

投稿者 村内のぶひろ : 2011年1月 4日 18:48

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

07.英語・中国語 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

We are the muragons!!
muragon_logo.png
  ブログをつくろう♪⇒ 無料のブログ作成サービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記