CEO-調子イイお兄さん 村内伸弘の旧・社長ブログ →新・社長ブログ(muragon/ムラゴン)へ行く

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)


前へ | 一覧 | 次へ

MURA: Glocal, Open, Nice!
muragon(ムラゴン)
  ブログをはじめよう♪ ⇒ おすすめ無料ブログサービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

2010年 12月 10日(金) - 村内のぶひろ

電子書籍 SONY “Reader”で読書してみた感想です!
01.特売・商品 , 04.経営・仕事 , 13.読書・音楽 , 20.ネット , 22.雑感全一覧(バックナンバー)

sony_reader_use_01.jpg
SONY/ソニー 電子書籍リーダー“Reader”
僕が買ったのは Pocket Edition PRS-350(ピンク)

sony_reader_use_00.jpg
僕の刻印メッセージは 「Knowledge is power.」
 
 
SONY/ソニー 電子書籍リーダー“Reader”
Pocket Edition PRS-350(ピンク)

ポケットやバッグに入れて、いつでもどこでも読書が楽しめる、
文庫本サイズの5型ディスプレイモデル
 

先日の「予約していた SONY電子書籍リーダー PRS-350」が
発売日の今日 12月10日(金)、自宅に届きました!


iPad(アイパッド) 電子書籍の長所と短所 京極夏彦「死ねばいいのに」を読んで
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
iPadで電子書籍を読書した時は、
正直、読み終わると目が痛くって目が痛くって、
iPadじゃあ、二度と本は読みたくないと思ったんですが、
この SONY “Reader”は果たしてどうだったのでしょうかー?


ハイ、
さっそく、 “Reader Store” で
電子書籍を買って、読んでみました。


まず、第一印象は
軽ーーーーイ!
すっごい軽いです。
これはすごい軽さです!

感動的な軽さで、
感動的な薄さです!
SONYさん、すごいです!!

3Gとか、WiFiとかついていないのは確かですが、
この軽さとこの薄さが
実現されているならば合格じゃないでしょうか!

3Gや WiFiがあるに越したことはないですが、
「本を読む」「本を持ち運ぶ」ということを考えたら、
この軽さには
非常に大きなアドバンテージがあると思います。

この“Reader”は何でもできる汎用端末ではなく、
読書ができる“専用端末”だったのです!!

専用ということで、
“本を読む”ことに特化して、
機能を割り切って削ぎ落としているので
かえって、“本好き”には
最高の一冊となるんじゃないでしょうか!?
僕は、この Readerを自分で勝手
いじってみてすぐにそう思いました。


僕が買った文庫本サイズ、
大きさもちょうどいいです!

ただ、ハッキリ言って
“Reader Store”の本の
ラインナップがぜんぜんダメです(泣)

洋書はない、
司馬遼太郎はない、
夏目漱石もない。。。
僕が読みたかった著者の本がぜんぜんありませんでした。
幅が狭いし、深さも全然ない品揃えで
ちょっと残念でした。。。

但し、今日が OPEN初日ですから
まあ、これからですよね!

ぜひ、SONYさん独自でもいいですし、
Googleとか、Amazonとかのデータベースでもいいので、
とにかくただひたすら本のラインナップを拡充していけば
コレはすごいことになると思いました。
(個人的には洋書をぜひ大々的に扱ってほしいです)


まだ、品揃えが少ないなかで、
僕が選んだのはこの一冊!

「伊藤博文 / 羽生道英(著)」

以前、買った伊藤本は
まだ積んだまま未読状態なんですが(笑い)
この本を Reader最初の一冊に選びました。

さあ、僕のぶひろの中でも本格的な
電子書籍時代の幕開けです!!

とうとう、
本は紙の時代から、電子の時代へと
離陸したと思います。
日本の出版業界にとって
今日はある意味歴史的な日になりそうです。


sony_reader_use_02.jpg
外箱パッケージ

sony_reader_use_03.jpg sony_reader_use_04.jpg
USBケーブルは付属です。

sony_reader_use_05.jpg sony_reader_use_06.jpg
本体には磁器が入っているそうです

sony_reader_use_07.jpg
カッコイー!!

sony_reader_use_08.jpg sony_reader_use_09.jpg
USBケーブルでパソコンとつないで充電できます

sony_reader_use_10.jpg sony_reader_use_11.jpg
こういったデバイス(電子機器)で
最初に一番頭が痛いのが機器認証ですが、
やっぱりすんなりとはいきませんでした。。。

でも、ちょっと考えてみたら
「eBook Transfer for Reader」
をダウンロードしてませんでした。
この専用ソフトをダウンロードし、立ち上げ、
ファイルを readerに転送したら OKでした。

sony_reader_use_12.jpg sony_reader_use_13.jpg

sony_reader_use_14.jpg
“Reader”に取り込んだ購入した電子書籍「伊藤博文」

sony_reader_use_15.jpg
文字のサイズがカンタンに変えられます
上の画面は文字サイズ最小。
個人的にはこの XSが文字サイズと
ページめくりの頻度との関係で
一番読みやすく、使いやすかったです。

sony_reader_use_16.jpg
上の画面は文字サイズ最大

sony_reader_use_18.jpg
ページモードがいろいろ選べます。

sony_reader_use_17.jpg
右端の OPTIONSボタンを押すと、いろいろな機能もすぐに使えます

sony_reader_use_19.jpg
OPTIONSの中でメニューは画面の回転もOK

sony_reader_use_20.jpg
タッチペンが本体に収納されていました

sony_reader_use_21.jpg
本体は光学式のクリアタッチパネルなので指先でも操作可能ですが、
このタッチペンを使うとよりスムーズに操作できました。

sony_reader_use_22.jpg
左端の右左二つの矢印ボタンでページがめくれます。
ちょっとだけ呼吸する感じはしますが、動作非常に軽快です!
左手の親指をこのポジションに固定しておくと最高に
スムーズですよ、このなめらかな操作感にはびっくりです。
紙の本ですと、ページをめくるのに
手を動かさなくってはいけないんですが、
これは手そのものを動かす必要なないので
読書に集中できます。
同じ長さの文章だったら、紙よりも電子書籍の方が
2,30%は速く読めるんじゃないでしょうか!
僕はそう思いました!

sony_reader_use_23.jpg
薄くて軽い!本を読むことだけを考えたら、
これは本質中の本質だと思います。
軽くて薄いのはすごいことです。

sony_reader_use_24.jpg

sony_reader_use_25.jpg

そして、そして
紙の本に比べて、SONY “Reader”は
目が疲れるのかどうか!?という僕の最大の疑問であり、
最大に関心があるところですが、
文字が見やすくって、目に優しいという
“電子ペーパー”が使われているので、
「伊藤博文」をしばらく読んでみましたが、
ほとんど目は疲れませんでした!!

電子の本なのに、目が疲れない!
これは本当に、本当に革命的なことだと思います。

歴史的な日、
平成22年12月10日。

僕は歴史的な商品とサービスを
手に入れてしまいました!
すばらしいです!!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SONY/ソニー 電子書籍リーダー “Reader(リーダー)”

SONY/ソニー eBook ストア “Reader Store”


続・電子書籍 SONY “Reader”の感想・レビュー

【2010年 12月21日 追記】
洋書英語学習の大革命!電子書籍の英単語内蔵辞書機能
 
(参考)
大本命! ソニー電子書籍端末「Reader」速攻動画レビュー - ギズモード・ジャパン
Sony Reader がやはり始まる前から終わっていた件 - 404 Blog Not Found

iPad(アイパッド)届きました! 薄っーー
新iPod touch / Man lives freely only by his readiness to die.

元ソニー社員・ソニーマン のぶひろ
※18年前、24才の僕のぶひろ - 平成4年(1992年) 5月24日

元ソニー社員・村内伸弘@ムラウチ ドットコム

「デジモノ」 …人気ブログを見てみる
「AV機器」 …人気ブログを見てみる
「タブレット端末」 …人気ブログを見てみる

▼世の中いろんな人がいる ☆\(^▽^ )/
にほんブログ村 電子書籍ブログ村(E-BOOK) を見る

電子書籍ブログランキング

きょうのキーワード:Reader(リーダー) - Reader - Reader Store
「社長ブログ」 バックナンバーを見る
 


▼ムラウチドットコムで 私たちと一緒に働きませんか?
IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人情報(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
採用・求人情報 - Web技術者、Webエンジニア、Webデザイナーなど


IT技術者・Webエンジニア・Webプログラマー・Webデザイナー 採用・求人職種一覧(多摩地区・八王子への中途採用/転職)
募集職種一覧 - 勤務地: 東京都八王子市



 
投稿者: 村内のぶひろ(ブログ社長)  2010年12月10日 13:29
murauchi.comから読み込み中...

コメント

はじめまして!
たくさんの写真、熱いレビュー、とても参考になりました。
ありがとうございました。

外観はとてもいいですね。
あとはコンテンツの充実を願います!

ところで、「洋書がない」とのことでしたが、米Reader storeの本は買えないということなんでしょうか??

投稿者 えなきち : 2010年12月10日 15:23

えなきちさん
コメントありがとうございました。

外観カッコイイですし、
薄くって軽く実用的でした。
画面も白黒ですが、
“本を読む”ということだけ
考えれば、コレはすばらしい出来映えです。

但し、ほんとコンテンツの充実度は
今現在はぜんぜんダメですから、
ここはしばらく様子見で
期待したいと思います。
 
洋書の件ですが、
日本の“Reader Store”
http://ebookstore.sony.jp/
には、まったく品揃えはありませんでした。

えなきちさんアドバイスのように、次は
アメリカの“Reader Store”
http://ebookstore.sony.com/
を試してみますね ^^

情報ありがとうございました!
 
 

投稿者 村内のぶひろ : 2010年12月11日 10:52

えなきちさん
先日はコメントありがとうございました。

その後、自分自身で
アメリカの“Reader Store”
http://ebookstore.sony.com/
に会員登録して試してみたんですが、
アメリカ人とカナダ人しかクレジットカードの登録が
できないみたいで断念し、
日本の“Reader Store”の窓口へ
問い合わせをしてみたところ、
SONYさんの見解は
今日現在でこんな感じみたいです。

  ↓↓↓↓↓

お問い合わせ頂いた件につきまして、以下の通りご返信申し上げます。
 
大変恐れ入りますが、電子書籍リーダー『Reader』で
動作保証を行っているのは、日本のeBook ストア『Reader Store』で
取り扱う電子書籍データのみでございます。

そのため、アメリカのeBook ストアなど日本の『Reader Store』以外の
ストアにてダウンロードされた書籍データにつきましては、
動作検証を行っておりません。

お客様のご要望に沿えず、誠に申し訳ございませんが、
あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

しかしながら、お客様ご自身で作成されたデータなど、
著作権なしのファイル形式であれば、
付属ソフトウェア『eBook Transfer for Reader』を経由して
『Reader』で閲覧することが可能でございます。

ソニーにてサポートしておりますフォーマットや
ご利用できるメモリースティック、PDFファイルのバージョンに関しては、
下記URLをご確認いただきますようお願い申し上げます。


 〈『Reader』で表示・再生できるファイル形式〉
 http://www.faq.sonydrive.jp/faq/1040/app/servlet/qadoc?036405


また、洋書のお取り扱いにつきましては、大変恐れ入りますが、
現時点で具体的な情報がございません。

引き続き、リーダーストア内のコンテンツのラインナップを充実させるために
随時タイトルを更新してまいりますので、ご面倒をおかけしますが、
リーダーストアの定期的なご確認をお願い申し上げます。
 

投稿者 村内のぶひろ : 2010年12月14日 11:56

気楽にコメントしてください .。.:*・゚☆

保存しますか?


トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:

murauchi.comから読み込み中...

古い記事へ 前へ | トップ | 次へ 新しい記事へ

01.特売・商品 , 04.経営・仕事 , 13.読書・音楽 , 20.ネット , 22.雑感 全一覧(バックナンバー)

rss_10.gif(RSS1.0) rss_20.gif(RSS2.0) rss_atom.gif(ATOM)

We are the muragons!!
muragon_logo.png
  ブログをつくろう♪⇒ 無料のブログ作成サービス: muragon(ムラゴン) - ムラゴンを見る

無料ブログサービス - muragon(ムラゴン)




ブログランキング・ブログ検索  「ブログ村~」「ムラゴ~ン村内伸弘の社長日記